霧島錦江湾国立公園メインビジュアル

ここから本文です。

宮崎・鹿児島にまたがる霧島錦江湾国立公園

霧島山塊と錦江湾と桜島火山、巨大カルデラ群が育む温泉と実りの海

霧島錦江湾国立公園は、我が国最初の国立公園の一つであり、1934年に霧島国立公園として誕生しました。本公園は、大きく北部と南部に区分され、霧島地域は大小20以上の火山が連なる山岳地帯で、天孫降臨神話が宿る神秘の山々でもあります。また、錦江湾地域は現在でも噴煙を吹き上げる桜島を中心に、海と火山が織り成す独特の景観を見せています。
この地域では今も噴火を続ける火山や、過去の大規模な噴火によって形成された、巨大なカルデラ群が見られ、加久藤(かくとう)カルデラ、小林カルデラ、姶良(あいら)カルデラ、阿多(あた)カルデラなどが列をなして南九州地方を南北に並んでいます。桜島は名称が示す通り「島」であったものが、1914年の大規模な噴火の際に流出した溶岩によって大隅半島と陸続きになりました。ここでは多くの住民が、火山と共存しながら漁業や農業、観光業を営み、桜島だいこんや小みかんなどを作っています。
国立公園地域は焼酎、黒酢、お茶や薩摩揚げなど特産品も豊富で、多彩な泉質の霧島温泉郷や地熱を利用した指宿の「砂むし温泉」などの温泉地が点在しています。

霧島錦江湾国立公園とは

霧島錦江湾国立公園とは

霧島錦江湾国立公園の紹介です。

 

詳細を見る

 

おすすめコンテンツ

霧島錦江湾国立公園で体験できるコンテンツ等をご紹介します。

詳細を見る

例えばこんな体験

ホーストレッキング

霧島アート牧場・ホーストレッキング

SNS映え

S N S 映え!太古の歴史が息づく霧島神宮を和服でぶらり参拝体験!

御池

モデルコース

おすすめコンテンツを利用したモデルコースをご紹介します。

詳細を見る

 

霧島錦江湾国立公園エリアマップ

霧島錦江湾国立公園エリアマップ

えびの
エコミュージアムセンター

霧島山の自然や文化について紹介するビジターセンターです。フィールドに足を運びたくなるような各種情報をそろえています。旬な情報も随時紹介していますので、フィールドに出る前に立ち寄れば、より霧島山を楽しめます。霧島ジオパークの拠点施設にもなっています。
えびのエコミュージアムセンター:https://ebino-ecomuseum.go.jp/

 

えびのエコミュージアムセンター(PDF:2,840KB)

重富海岸自然ふれあい館
なぎさミュージアム

なぎさミュージアムは、錦江湾と桜島を望む重富海岸にある、錦江湾の自然とのふれあいの拠点施設です。
錦江湾や重富干潟にすむいきものたちや自然の特徴を紹介しています。

重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム:https://www.nagisa-museum.com/

 

重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム(PDF:3,099KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

Share this

更新日:2021年3月18日

ホーム > おすすめみやざき > 魅力特集 > 宮崎・鹿児島にまたがる霧島錦江湾国立公園

ページの先頭へ戻る