新着情報
宮司が語る
地図
大自然と神々が織り成す神話の旅の舞台へようこそ

紺碧の大海原を見晴らす、ここはかつてより「日向」の国と呼ばれていました。
空と海との境から光さす、「夜明け」が生まれる地なのです。
大地には四季折々の花が咲き、海は大いなる恵みを与えてくれる。
私たちの祖先は大自然から糧を得て、自然とともにありました。
しかし時に自然は人々を翻弄し、残酷な顔さえ見せることがあります。やがてまた、太陽の光が降り注ぎ、世界は美しい姿を甦らせる――。
新たな夜明けを迎えるまで、祈り、願う時、心の中にはいつも神々の姿がありました。
日本神話を描く『古事記』には、喜びも悲しみも時には怒りをも爆発させ、エネルギーに満ち溢れた神々が登場します。そこに描かれるのは、国も万物も生み尽くす豊かな「いのち」の物語。
神話のふるさと宮崎で、どんな神様に出逢えるでしょう。ほら、降り立った瞬間から、きっとあなたも。

神々の物語はこちら
ルートカテゴリー