ここから本文です。

高千穂神楽

たかちほかぐら

  • 見どころ

高千穂地方の夜神楽は毎年11月下旬から翌年2月にかけて各地域ごとに主に民家を神楽宿として徹夜で舞われる。五穀豊穣を神に感謝し、又は来る年の幸を祈る神人一如の習俗が現在も継承されている。33番の神楽も天照大神の岩戸開きの神話が主題となっているが、農耕の収穫を祈る舞いもあり、秀れた民俗芸能として伝わっている。

お勧めポイント

高千穂地方の夜神楽は、町内の各地域ごとに、毎年11月下旬から翌年2月にかけ、主に民家を神楽宿として夜通し舞われます。国の重要無形民俗文化財に指定されています。
また、高千穂の夜神楽は期間限定で観光客はなかなか見ることができないため、神楽シーズ以外でも広く鑑賞できるようにと始まった「高千穂神楽」。毎日高千穂神社境内の神楽殿で奉納しています。

【高千穂神楽】
毎日20時~21時まで境内の神楽殿において高千穂神楽を奉納しています。
夜神楽三十三番より代表的な4番をピックアップしています。

基本情報

場所又は所在地

高千穂町高千穂神社

お問い合わせ先

名称/一般社団法人高千穂町観光協会(たかちほちょうかんこうきょうかい)

電話番号/0982-73-1213

ファックス番号/0982-73-1239

ホームページ/https://takachiho-kanko.info/(外部サイトへリンク)

営業・料金案内

【高千穂神楽】
個人お1人様:1,000円
団体(20人以上)お1人様:900円
※小学生まで無料

見ごろ
シーズン情報

おすすめ季節/通年

11月中旬~2月中旬

その他サービス

Share this

ページの先頭へ戻る