ここから本文です。

中部-西都原など

現代的な都市と古代からの史跡や文化財が共存する多彩な魅力を備えたエリア。風光明媚な自然と様々な郷土料理が自慢です。食いしん坊のあなたもきっと満足できるでしょう。

見どころタブ イベントタブ 食タブ

西都原の食 「オリジナル」「元祖」がいっぱい!おいしい宮崎がぎゅっとつまっているエリアです。

地鶏炭火焼

宮崎を代表する味覚といえば地鶏炭火焼。中でもみやざき地頭鶏の炭火焼きは、柔らかな歯ごたえの後、軽やかな香ばしさとともに、鶏本来の旨みがほとばしる、格別の味わいです。もも肉やむね身はもちろん、すべての部位がおいしいのも特徴。地鶏文化圏といえるほど、古くから地鶏と親しんできた宮崎。その誇りがギュッとつまったみやざき地鶏は、おすすめの逸品です。


冷や汁

ひんやり冷たい冷や汁は、宮崎の代表的な郷土料理。栄養バランスが良く、食欲のない夏にもってこいの味です。焼いたアジ等の白身魚の身をほぐし、ゴマと麦味噌を加えてすりつぶしたものを氷水でのばし、薄切りのきゅうりや豆腐を混ぜ、炊きたての麦ごはんにかけるのが一般的。かきこむように豪快に食べるのがコツです。地域によって作り方に違いがあり、最近では、お店ごとに個性豊かな冷や汁が出回るようになりました。

詳細ボタン


肉巻きおにぎり

地元で人気のご当地ファーストフードといえば、この「肉巻きおにぎり」。その名の通り、豚肉を醤油ベースのタレに漬け込み、ご飯に巻いてオーブンでじっくり焼いたおにぎりです。もともと居酒屋の賄い料理として出されていたものが、新しい宮崎の味として、地元の人々にも観光客にも親しまれるようになりました。お店ごとにこだわりがあり、様々な味が楽しめる宮崎の新名物です。


釜揚げうどん

釜揚げうどんは、茹でた麺を釜からそのまますくい上げ、それを温かいつゆにつけて食べます。そのため、水で締めないうどん特有の、もちもちとした歯ごたえが楽しめます。宮崎の釜揚げうどんは、麺が細めでつるりとのど越しが良く、昆布・鰹節・椎茸でダシを取った濃厚な麺つゆが特徴です。街のあちらこちらに、釜揚げうどんがのお店があり、気軽に食べることができます。


レタス巻き

太巻きの具にレタスと海老とマヨネーズを使ったレタス巻きは、昭和40年頃に宮崎で誕生しました。今では一般的なメニューとなり、全国のスーパーやコンビニでもお馴染みのサラダ巻きやロール寿司ですが、当時は寿司にマヨネーズという斬新さに驚く人も多かったとか。和洋折衷の組み合わせが絶妙の本場のレタス巻きを、ぜひここで味わってください。


ウナギ

ウナギの出荷量国内第3位を誇る宮崎県では、宮崎市や新富町を中心に、県内各地でウナギの養殖が行われています。宮崎県産のウナギはいずれも高品質で味が良く、東京の一流料亭などでも多く取り扱われています。皮はさっくり、身はふんわりと香ばしいウナギの蒲焼きを、ぜひウナギの本場宮崎で味わってください。

詳細ボタン


完熟マンゴー

全国的に有名な宮崎完熟マンゴーの食べ頃は春から夏。樹木からたっぷり栄養を吸収し、これ以上吸収できない状態になって自然落果するまで完熟させるマンゴーは、繊維質が少なく、柔らかで甘い果肉と濃厚な果汁、豊かな香りが特長。その中でも厳選されたマンゴーには「太陽のタマゴ」の称号が与えられます。その魅惑的な甘みと風味は、市場でも最高級品とされています。

詳細ボタン

ホーム > みやざき早わかり > 中部(西都原など-食)