ここから本文です。

南部トップ

美しい海と雄大な自然、風情ある古い町並みがバランスよく調和する日南市。
九州の小京都と呼ばれる飫肥(おび)や、風光明媚な日南海岸国定公園など、いずれも五感で体感したい観光スポットばかりです。

見どころタブ イベントタブ 食タブ

日南海岸の食 地元の食材を、独特の調理法で召し上がれ。このおいしさは、ここに来なければ味わえません。

かつお(日南一本釣りかつお炙り重)

日南市は、一本釣りかつおの水揚げ日本一。その日南市から2010年5月に新ご当地グルメとしてデビューしたのが「一本釣りかつお炙り重」です。2種類の漬けかつおを七輪で炙り、重箱のご飯に載せて食べる料理で、最後は土瓶に入ったスープをかけ、お茶漬けスタイルで締めるのが定番。お店ごとにこだわりのタレの味があるので、食べ比べを楽しんでください。


伊勢えび

毎年、9月1日に漁が解禁される伊勢えびは、豊かな黒潮の恵みを存分に受けた宮崎の秋を代表する海の幸。県内全域の磯場で獲れますが、中でも「東九州伊勢えび海道」の日豊海岸や、「伊勢えび大漁まつり」が開かれる日南海岸には、多くの観光客が訪れます。生きたままのぷりっとした新鮮な伊勢えびは、お造りが一番人気。頭と殻でつくる味噌汁も、濃厚な伊勢えびのミソが溶け出して絶品の味わいです。

詳細ボタン


飫肥天(おびてん)

近海で獲れたイワシやトビウオなどの魚のすり身に、豆腐、味噌、黒砂糖を加えて油で揚げた、日南市飫肥地区の郷土料理です。ほのかな甘さと、ふんわりした柔らかな舌ざわりが特長で栄養満点。ごぼうやニラや季節の野菜が入った飫肥天もあり、子どもからお年寄りまで多くの人に愛されています。あげたてアツアツをどうぞ。一度食べたら忘れられないおいしさです。

詳細ボタン


魚うどん

日南海岸に古くから伝わる郷土料理。魚のすり身と卵をよくすり合わせて、うどんにします。このうどんは非常に弾力性があり、ほどよい噛みごたえが特徴です。さらに日南のおいしい水で煮出したうどんのつゆは、魚のダシが効いて美味。戦争中にうどん粉が不足した際の代用食であった魚うどんですが、今では、低カロリーで高タンパク、DHAが豊富なヘルシー料理として、脚光を浴びるようになりました。


ホーム > みやざき早わかり > 南部(日南海岸など-食)