ここから本文です。

水際対策の緩和措置と外国人観光客等の対応に関する便利なツール等について

県内観光関連団体及び事業者のみなさまへ

水際対策の段階的緩和に伴い、訪日旅行も再開され、外国人観光客の来県が見込まれます。
そこで、県内観光関連団体及び事業者のみなさまに対し、外国人観光客等の対応に関する便利なツール等についてお知らせします。

1. 本年6月以降の水際措置の見直し(令和4年6月1日以降適用)

(1)入国時検査及び入国後待機期間

各国の陽性率に応じて、入国規制のルールが下記の3パターンに分かれます。

水際対策220601

 *内容は変更されることがありますので、詳細は外務省ホームページ(外部サイトへリンク)でご確認ください。

(2)入国者総数の引上げ

 日本への入国者総数の上限が、1日あたり20,000人までに引上げられます。

2. 観光目的の入国制限の緩和(令和4年6月10日以降適用)


日本の旅行会社を受入責任者とする、添乗員付きパッケージツアーの受入が開始されます。
*上記区分リスク低の「青」の国・地域からの旅行者に限定されます。
*外国人観光客へのマスク着用をはじめ、今後策定(6月7日)されるガイドラインの遵守が求められます。

3.外国人観光客等の対応に関する便利なツール等

jnto_p(1)多言語ピクトグラム(日本政府観光局(JNTO)制作)
誰でも自由に使える「日本の新型コロナウイルス感染症対策等を伝えるピクトグラム」(外部サイトへリンク)

           

 

 

 (2)小売店向けピクトグラム(ジャパンショッピングツーリズム協会制作)

  必ず伝えるべき情報、よく聞かれる質問を店頭表示やピクトグラムなどを用い、分かりやすく表示することができます。(外部サイトへリンク)

 

(3)多言語翻訳アプリ(VoiceTra(ボイストラ)) 
外国人の接客対応の際にご活用できる多言語翻訳アプリで、翻訳できる言語は31言語あり ます。(ダウンロード、利用はすべて無料)
アプリの詳細・ダウンロード等については下記ホームページをご覧ください。

        多言語翻訳アプリ(VoiceTra(ボイストラ))(外部サイトへリンク)

voicetra

 

(4)Japan Visitor Hotline(JNTO)
   japan
050-3816-2787     

24時間対応 英語、中国語、韓国語、日本語

 

 

 

 

(5)Travel Insurance and Medical Care Guidance(JNTO)
     外国人観光客が具合が悪くなったときに備え活用ください。
     医療機関の検索や指さしシートのダウンロードなどができます。

            JNTOホームページ(外部サイトへリンク)

 

(6)宮崎県多言語コールセンター
     24時間対応 20言語対応
     事前登録された県内の宿泊・観光・飲食・小売などの施設が利用することができます。
     利用登録に関するお問い合わせ先・・・092-895-6655

 

(7)宮崎県新型コロナウイルス感染症受診・相談センター
     0985-78-5670
    24時間対応 日本語

 県庁ホームページ(外部サイトへリンク)

 お問合せ

公益財団法人宮崎県観光協会 観光推進局 海外誘致部

TEL 0985-25-4676

E-mail info@kanko-miyazaki.jp

 

 

 


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

Share this

更新日:2022年6月7日

ホーム > 水際対策の緩和措置と外国人観光客の対応に関する便利なツール等について

ページの先頭へ戻る