ここから本文です。

井上酒造株式会社

縁結びの神様 榎原神社の写真

縁結びの神様 榎原神社

南郷町唯一の醸造場・井上酒造は、縁結びの神として知られる榎原神社近くにある。
寺田徳男社長にお話を伺った。
井上酒造は、前身の酒造会社から、現在の会社に経営が変わったのが昭和49(1974)年。当時、製造量は年間300石に満たなかった。現在は、北郷町の関連蔵「櫻の郷醸造合名会社」と合わせて、30000石を製造している。
昭和49年から蔵を見続けてきた寺田社長に、焼酎ブームの変遷や蔵のポリシーを尋ねてみた。

南九州の酒文化

井上酒造株式会社の写真

お酒は、その地方や国の長い伝統に育まれた文化です。だからどんな国にも、どんな地方にも必ず地酒があります。イギリスにはスコッチウイスキー、フランスにはワイン、ロシアにはウオッカ、アメリカにはバーボン、メキシコにはテキーラというように。各国々の歴史の中に育まれた文化だと思う。
では南九州の酒文化といったら、もちろん芋焼酎ですよ。

 

井上酒造株式会社の写真

井上酒造株式会社

榎原湧水の写真

明治27(1894)年の創業当時から、コンコンとわき出る水、宮崎の名水にも選定された榎原湧水。仕込みにも割水(わりみず=原酒を割る水)にも使用

焼酎ブームの変遷

最初の焼酎ブームは、昭和45年頃。鹿児島の焼酎メーカーだったと思いますが、新幹線が博多へと南下してくるのと逆に北上していったんです。

昭和53年からは「そば焼酎」。軽くて飲みやすいと伸びていきました。これが10年くらい続きます。

その後が「麦焼酎」です。大分の麦焼酎はえらかったですね。絶対に数量は守りながら、ちゃんとした品質の物を出していったから消費者に受け入れられましたもの。

ここ2年ぐらいが「いも焼酎」です。こんな時にこそきちんとしたスタンスで、これまで通りの信念を持って、造り手の顔が見えるような焼酎を出さないといけません。でないと、せっかく何十年がんばって、やっと巡ってきたこの芽をつぶすことになります。最近、都会に行って焼酎を飲みますが、非常にガスくさい。こんな焼酎出したらマイナスじゃないのかと。そこには知恵者がいて、いろいろ言う人はいますよ。「いも焼酎というのは、麹のにおいのするガスも抜けきっていない焼酎が季節感があっていい」などと。でもそれは例外的なもので、やっぱり蒸留酒であれば、少なくともちゃんと熟成してガスを抜いて売らないと、かならずツケが来ますよ。

カメ貯蔵へのこだわり

昭和50年の前半から、お酒の全部の傾向が、ウイスキーでも、清酒でも、全てのアルコールが非常に軽く飲みやすい物に傾注していきましたね。焼酎もその流れにのっています。
そこで焼酎はどう対応したかというと、飲みやすくするために麹、酵母、蒸留方法、そしてろ過方法を換えていきました。ろ過方法は最後はイオン交換までして、確かに飲みやすく軽くなりました。
ここでただひとつ残されていた方法が、長期貯蔵熟成なんです。
これまで南九州のメーカーは、今年作った焼酎は翌年全部売って、翌年の仕込み資金にしないと経営が回っていかなかったんです。つまり長期貯蔵をするには、資本がいるということです。焼酎の長期貯蔵がなかったのはこういった歴史的必然性があったのです。
近年、WTO(世界貿易機構)の裁定が下って焼酎の税率は引き上げられ、他の蒸留酒、ウイスキー・バーボンなどと同じ土俵に立たされることになりました。世界の蒸留酒のひとつになったとも言えるわけです。そこで、価格の面からも焼酎に付加価値をつけるために長期貯蔵熟成を始めるようになりました。

カメ貯蔵庫(櫻の郷醸造)

カメ貯蔵庫(櫻の郷醸造)

焼酎の長期貯蔵には、いろいろ貯蔵方法はあるでしょう。うちも樫樽貯蔵はやってますが、海外の蒸留酒が続けてきた何百年の歴史にはかなわない。本来の南九州の焼酎の姿を考えると、やっぱりカメに入れて無色透明の蒸留酒であったほうがいいんじゃないかなというのが、私の推論です。それで7年前から北郷町でカメの長期貯蔵を始めている訳なんです(匠の蔵「櫻の郷醸造」参照)
いろいろ考えましたが、蒸留酒というのはもっとゆっくリズム、スローライフの考え方が似合うんじゃないでしょうか。いま出せば売れるからと、造ったものを一ヶ月もたたずに出荷してたら、「やっぱりイモってだめだ」と言われますよ。
焼酎本来の味、本来の姿、それは南九州の長い伝統が少しずつ育てたものなんですよ。

西武ライオンズのキャンプ地にちなんだ期間限定商品

西武ライオンズのキャンプ地にちなんだ期間限定商品

めずらしいデイツ(なつめやし)の焼酎『孤独な天使』

めずらしいデーツ(なつめやし)の焼酎『孤独な天使』

藤元洋一さんの写真

蔵の案内をしていただいた藤元洋一さん

製麹用ドラムの写真

製麹用ドラム

一次仕込み室の写真

一次仕込み室

タンクの内部の写真

タンクの内部(黒麹で仕込んだ麦のもろみ 1日目)

二次仕込み室の写真

二次仕込み室

常圧蒸留器の写真

常圧蒸留器

減圧蒸留器の写真

減圧蒸留器

屋外タンクの写真

屋外タンク

井上酒造株式会社

Share this

更新日:2011年12月1日

ページの先頭へ戻る