ここから本文です。

外山酒店

季節限定の『初留垂れ しょっぱな』の写真

ご主人の田中尚武さん、治さんは息子さんです

宮崎市の北西に位置する平和が丘団地内。外山酒店は、閑静な住宅地の一角にあります。一見すると普通の酒屋さんといった感じですが、ところが、お店に並ぶお酒はごく一部…。関東にワインセラーまで持つという、知る人ぞ知るワインの名店なのです。その隠れた魅力を探ってみました。

蔵元との信頼関係の証「別格焼酎」

店主田中尚武さんの名刺には「蔵直ワイン・別格焼酎・地酒」とあります。
「別格焼酎」?
「別格焼酎とは選び抜かれた本格焼酎の中でも、造り手と売り手、つまり、蔵元と酒屋が味であり、心であり、焼酎の全てを語り合い、意志が通じ合った焼酎のことで、私達の店では敬意をこめて、『別格焼酎』と呼んでいるのです」
なるほど!! そうだったんだと改めて納得。
「何度でも蔵元さんへ足を運び、自分という人間を知ってもらいます。そうやって築いたお付き合いを大切にし、そのお酒を大切に売ります」と田中さん。

お酒にしろ、焼酎にしろ、蔵元さんにとって製品は我が子と同じとよく言われます。そんな大切な我が子を託すのはやはり、心の通った酒屋さん、長年の地道なお付き合いの中で生まれた人間関係なのでしょう。

全自動ドラムの写真

別格焼酎の数々

安藤正憲さんの写真

湯のみは外山酒店オリジナル

ドラムのちょうど真下の麹をおとすホースの写真

蔵元さんとの再会が楽しみと言われる地酒

直接買い付ける自然派ワイン

一階にある2基の蒸留機の写真

現地直送のワイン

的確なアドバイスは中央でも定評がある
さて、もうひとつのこの店の特徴がワイン。
「当店の場合、現地で買い付けてくるので、中間にかかる費用がありません。ほとんど現地価格ですね」
ということは、安い上に新鮮ということ! フランスやイタリアの、無農薬・有機栽培の自然派ワイン(ビオディナミンワイン)を中心に買い付けています。
店にワインを買いに行って「今日のメニューは○○。金額は○○位」とお願いすると、 「何時頃に食事されますか」と聞かれます。「だいたい○○時位でしょうか」と言うと「今日の気温は○○度くらいですから、このワインを持って帰られたら、まずフタを開けてください。お食事の時間が丁度のみ頃、香りも良くなりますから」…。
このアドバイスが的確と、口コミで広がるのもうなずけます。

「ワインは料理との合わせ方がお酒の中で一番多様性があると思います。料理も楽しみ、ワインの味と香りも楽しんでほしいですね」とはワインのスペシャリスト、息子の治さん。ソムリエの紹介で東京など、中央からの注文が多いそうです。
「宮崎の皆さんにも気軽においしいワインを楽しんでほしいです」と季節のワイン情報やちょっとした料理、ワイン会のお知らせなどを載せたダイレクトメールも発行されていて、お客とのコミュニケーションを深めています。これがおいしいお酒にめぐり合う方法なのかもしれません。

芋蒸し機の写真

1000円前後の気軽に買えるプライスのワインもたくさん

「おり」の写真

甕入りはギフト用。焼酎グッズもいろいろ

季節限定の『初留垂れ しょっぱな』の写真

蔵元さんとのお付き合いの深さがうかがえる

季節限定の『初留垂れ しょっぱな』の写真

造り手の顔が見えるワインの数々

季節限定の『初留垂れ しょっぱな』の写真

冷酒も飲みごろに冷やされている

季節限定の『初留垂れ しょっぱな』の写真

プレミアム付きの貴重なワイン

外山酒店

  • 所在地/宮崎市平和が丘北町13-8
  • 問合せ/TEL.&FAX.0985-20-1537
  • 営業時間:平日/9時00分~21時00分
  • 日・祝日/11時00分~19時00分
  • 定休日:第1日曜

Share this

更新日:2011年12月1日

ページの先頭へ戻る