滝特集

ここから本文です。

みやざきの滝特集

「日本のひなた」というだけに、宮崎県の夏はとっても暑いイメージがあると思いますが、“涼”を感じられる避暑地も多くあります。今回は、心を洗われそうな美しい滝をご紹介します。

 うのこの滝

うのこの滝(五ヶ瀬町)

山あいの樹海が丸く空いたような空間にある滝。生い茂る樹木の間から流れ落ちる滝は、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

詳細を見る

 

 真名井の滝

真名井の滝(高千穂町)

日本の滝100選に選定された名瀑。天孫降臨の折り、天村雲命という神様が、水種をこの地に移された天真名井から地下水となってこの滝に湧水しているといわれ、見応え十分。

詳細を見る
 おせりの滝

おせりの滝(美郷町)

高さ約70メートルの懸崖から三段に落下する滝の景観は、まさに壮絶無類の感があります。

詳細を見る
 八戸観音滝

八戸観音滝(日之影町)

高さ45メートルからエメラルドグリーンの池に落ちる様子が清々しい滝。手前にある赤い橋からゆっくりと眺めてください。

詳細を見る
 矢研の滝

矢研の滝(都農町)

国指定名勝「尾鈴山瀑布群」を代表する滝で、日本の滝100選に選ばれています。神武天皇がご東征の折、矢を研がれたのが名の由来です。

詳細を見る
 瀧神社

不動滝(都農町)

都農神社の末社瀧神社の背にある滝で、神社の御神体となっています。

詳細を見る
 篠原みようと滝

篠原みょうと滝(川南町)

別名は「夫婦滝」とも言われ、高さ約20メートル、幅約10メートルあります。この滝は古くから白髭明神と共に地域の人々の信仰の対象となり、秋の実りや地域の喜びごとなどの娯楽の場でもありました。

詳細を見る
 関之尾滝

関之尾滝(都城市)

霧島ジオパーク内に属し、幅80メートル、長さ600メートルと川いっぱいに広がる甌穴群の間を縫った水が、その先端で滝となっています。

詳細を見る
 長田峡

長田峡(三股町)

源を鰐塚山の麓に発する沖水川の上流、約10kmにわたる大峡谷。清流にはヤマメ、ウグイ等の魚が泳ぎ、秋は紅葉が楽しめるなど年間を通して自然を満喫できるスポットです。

詳細を見る

Share this

更新日:2021年7月28日

ホーム > おすすめみやざき > 魅力特集 > みやざきの滝特集

ページの先頭へ戻る