ここから本文です。

宮崎産業視察ナビ_クリーンエネルギー編

 みやざきバイオマスリサイクル株式会社

分野/バイオマス発電(鶏糞利用)

環境負荷の低減に貢献

みやざきバイオマスリサイクル株式会社

全国最大規模の鶏糞発電所であり、1次産業と2次産業がジョイントした鶏糞の有効活用モデルです。
養鶏農家の悩みであった鶏糞を燃料として燃やし、地球にやさしいグリーンな電気を作ります。
燃え残った灰は肥料原料として再利用し、地域創成循環型農業に貢献しています。
更には、バイオマスはカーボンニュートラルの特性なので、CO2の抑制にもなっています。

  • 発電機出力/11,350kW
  • 会社設立/平成15年5月26日
  • 営業運転開始/平成17年5月27日
  • 鶏糞焼却能力/132.000t(年間)(ブロイラー鶏糞のみ)

 九電みらいエナジー(株)ホームページから「バイオマス発電」をクリックすると閲覧可能です。

みやざきバイオマスリサイクル発電所QRコード

 

ここがポイント!

  環境に優しいエネルギーを作り、養鶏農家の悩みも解決した鶏ふん発電

  • 所在地/〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南4621-1
  • 連絡先/総務部  TEL.0983-27-6810  FAX.0983-27-6204  e-mail:taniyama@m-b-r.co.jp
    https://www.q-mirai.co.jp/renewables/pdf/biomasspower-02.pdf(外部サイトへリンク)
  • 受け入れ可能人数/1回の最大受入可能数50名
  • 見学可能日・時間/平日9時0分~16時0分
  • 見学所要時間/約1時間(座学30分・現場説明30分)
  • 料金/なし
  • 注意事項等/動きやすく、安全確保できる服装でご来所ください。(長ズボン・運動靴・革靴等、女性のハイヒール・スカート不可)
    鳥インフルエンザ等の感染症拡大によっては、見学をお断りする場合がございます。

 宮崎県木材利用技術センター

分野/木材専門の研究機関

木材の利用を促進し、林業・木材産業の活性化に寄与する研究施設です。 

宮崎県木材利用技術センター外観

宮崎県木材利用技術センター内観

宮崎県木材利用技術センター外観

 

平成13年4月に設立され、主に本県の主要樹木種であるスギを対象とした木材利用に特化した研究施設です。

  • 未利用木質資源及び木質バイオマスの多角的利用技術の開発
  • スギ大径材の利用技術に関する研究
  • スギの新たな部材(心去り材等)による耐力壁の開発

など、多岐にわたるスギ利用の研究を行っております。
また、平成25年4月に「木構造相談室」を設置し、大型建築物等の設計に関する技術支援、公共建築物等の木造化や内装木質化の促進なども行っています。
そのほか木育活動も行っており、マイ箸作りや、研究材料の端材を使った小物作り、突き板工作、スギを使用した積木なども体験できるコーナーも併設しています。

 

ここがポイント!

  木造建築の伝統技術を活かし、 最先端の木質構造技術を用いた県内木造施設のモデルとなる施設です

  • 所在地/〒885-0037 宮崎県都城市花繰町21号2番
  • 連絡先/TEL.0986-46-6041   FAX.0986-46-6047 e-mail:mokuzai-center@pref.miyazaki.lg.jp(代表アドレス)
  • ホームページ/https://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/kankyo/mokuzai/wurc/
  • 受け入れ可能人数/約100名(大会議室収容人数) 
  • 見学可能日・時間/平日9時0分~17時0分
  • 見学所要時間/60分~90分程度
  • 料金/無料
  • 注意事項等/情報交換ラウンジ(センターの研究内容や成果などを展示)の見学は自由にできますが、団体(20名以上)の場合、実験棟などの施設見学・木育体験を希望される方は、事前にご連絡ください。

 宮崎県環境情報センター

分野/宮崎県の環境に関する情報の発信

宮崎県の再生可能エネルギーについて学べます 

宮崎県環境情報センター

宮崎県環境情報センターは、環境に関する情報の収集・提供および環境教育の支援の拠点として設置しており、子どもから大人まで幅広く県民の方々に活用されています。
また、太陽光・バイオマス等の再生可能工ネルギ一関連施設から構成される 「宮崎県次世代工ネルギーバーク」の相談窓口でもあり、見学受け入れ対応のほか、県内の産業・歴史・文化等を融合させた見学会等も行うなど、見る・触れるといった五感を通した学習の機会を増やすことにより、環境教育の推進を行っています。

宮崎県環境情報センターQRコード

 

ここがポイント!

  再生可能エネルギーと地元の産業・歴史・文化等を融合させた見学・体験メニューを提案いたします!

  • 所在地/〒880-0031宮崎市船塚3-210-1宮崎県立図書館1階
  • 連絡先/TEL.0985-23-0322  FAX.0985-26-4720  e-mail:kankyojyoho@coral.ocn.ne.jp
  • ホームページ/http://eco.pref.miyazaki.lg.jp/center/
  • 開館時間/9時0分~19時0分
  • 休館日/県立図書館の休館日等
  • 料金/無料
  • 注意事項等/「次世代工ネルギーバーク」内施設の見学には事前申し込みが必要です。

 吉田産業株式会社/ウッドエナジー協同組合/宮崎パワーライン株式会社

分野/木材製材業、集成材加工販売、木材協同電力販売、木質燃料販売業

木材資源を無駄なく有効利用

吉田産業株式会社_集合写真

吉田産業株式会社_facebook

吉田産業株式会社_QRコード

宮崎特産物である飫肥杉を利用し、建築資材一般住宅資材を製材加工し、商社・ハウスメ一カーなどに全国的に販売しています。資源育成から商品化まで、木材資源をトータルで扱う国内唯一の会社であり、隣接しているウッドエナジー協同組合が集成材加工、発電事業など、国内資源の付加価値商品づくりを行っています。「丸太から建築資材が出来るまで」を一貫して見ることが出来ます。また自社に、製材端材や林地残材等を燃料としてバイオマス発電施設を有し、木質工ネルギーを無駄なく効率的に利用することで、環境に優しく尚且つ資源循環型社会の一翼を担っています。自社で使用する電気は全て自社でまかない、グループ会社宮崎バワーライン株式会社を通して余剰分は販売を行っています。木の香りに心癒されながら広大な敷地に広がる当社をぜひ見学して下さい。

 

ここがポイント!

 毎年会社行事として植樹祭を開催。従業員自ら植林活動を行います。

  • 所在地/〒889-3215 宮崎県日南市南郷町榎原甲2091番地
  • 連絡先/担当:総務人事部  TEL.0987-74-1311   FAX.0987-74-1718  e-mail:ysg-soumu@woodenergy.or.jp
  • 受け入れ可能人数/10名以内 
  • 見学可能日・時間/応相談
  • 見学所要時間/工場見学60分
  • 注意事項等/工場内を移動するためヒールの高い靴、スカートでの見学はご遠慮下さい。

 宮崎大学集光型ビームダウン式太陽集光装置

分野/教育・研究施設

豊富な日照時間を活かした次世代エネルギーの開発

宮崎大学集光型ビームダウン式太陽集光装置

再生可能工ネルギーを重点研究の1つとし、工学部に平成24年度に環境・工ネルギ一工学研究センターを設立し、総合的な太陽工ネルギ一利活用研究を強力に推進しています。
宮崎大学、新潟大学、宮崎県、三鷹光器株式会社4者による連携プロジェクトで設置しており、 ビームダウン式としては国内最大級、世界最高レぺルの集光度を誇ります。

 

ここがポイント!

 ビームダウン式としては国内最大級、世界最高レベルの集光度を誇ります!

  • 所在地/〒889-2192 宮崎市学園木花台西1丁目1番地
  • 連絡先/担当:工学部総務係  TEL.0985-58-2871   FAX.0985-58-2876 e-mail:kousoumu@of.miyazaki-u.ac.jp 
  • 受け入れ可能人数/50名程度
  • 見学可能日・時間/9時0分~16時0分
  • 見学所要時間/任意(30分程度)
  • 料金/無料 

 宮崎大学集光型太陽光発電システム

分野/教育・研究施設

世界でもトップレベルの技術を誇る太陽光発電システム

宮崎大学集光型太陽光発電システム

太陽光発電に関連する研究開発を4つの部門に分けて実施。
学内の研究開発活動だけでなく、 県や関連企業と連携して新しい県産業創出も行っています。 大同特殊鋼株式会社と共同研究契約を結び14kW集光型発電システム2基を設置。発電バネルの大きさは縦7m、横10m集光型のシステムとしては国内最大の出力を有しています。
また、住友電気工業株式会社製の10kWシステム×2基とシャープ株式会社製の10kWシステム×1基を設置しています。

 

ここがポイント!

 太陽を追いかけ、レンズで光を集めた低コストでエコな発電です。

  • 所在地/〒889-2192 宮崎市学園木花台西1丁目1番地
  • 連絡先/担当:工学部総務係  TEL.0985-58-2871   FAX.0985-58-2876  e-mail:kousoumu@of.miyazaki-u.ac.jp
  • 受け入れ可能人数/50名程度
  • 見学可能日・時間/9時0分~16時0分
  • 見学所要時間/任意(30分程度)
  • 料金/無料  

 霧島酒造株式会社 焼酎粕リサイクルプラントおよび発電施設

日本初の「サツマイモ発電」

霧島酒造株式会社

焼酎生産工程から発生する焼酎粕・芋くずをメタン発酵しています。プラントの処理能力は最大800m3/日、発生するバイオガスは最大32,000Nm3で、同種のリサイクルプラントでは国内最大規模です。
回収したバイオガスは焼酎製造用のポイラ一燃料、乾燥飼料製造の熱源及び発電の燃料として利用しています。発電規模は735kW×1基、585kW×2基の計1,905kW。発電した電力は、「再生可能工ネルギ一固定価格買取制度」に基づき、すべて電力会社へ売電しています 。

 

ここがポイント!

 焼酎柏や芋くずを再利用し、ポイラ一燃料や堆肥、電力として南九州の大地や人々に還元されます。

  • 所在地/〒885-0093宮崎県都城市志比田町5480番地
  • 連絡先/焼酎の里霧島ファクトリーガーデン(電話:0986-21-8111)
  • 受け入れ可能人数/最大30名/回
  • 見学可能日・時間/毎日実施。一日2回(午後0時~、午後2時30分~)、前日までに予約が必要。
  • 見学所要時間/約30分
  • 料金/無料  

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

Share this

更新日:2022年4月8日

ホーム > 法人事業者向け > MICE(マイス) > 宮崎産業視察ナビ > 宮崎産業視察ナビ_クリーンエネルギー編

ページの先頭へ戻る