ホーム > MICE(マイス) > 宮崎産業視察ナビ > 宮崎産業視察ナビ_エコロジー編

ここから本文です。

更新日:2017年4月10日

宮崎産業視察ナビ_エコロジー編

 宮崎大学集光型ビームダウン式太陽集光装置

分野/教育・研究施設

豊富な日照時間を活かした次世代エネルギーの開発

宮崎大学集光型ビームダウン式太陽集光装置

再生可能工ネルギーを重点研究の1つとし、工学部に平成24年度に環境・工ネルギ一工学研究センターを設立し、総合的な太陽工ネルギ一利活用研究を強力に推進しています。
宮崎大学、新潟大学、宮崎県、三鷹光器株式会社4者による連携プロジェクトで設置しており、 ビームダウン式としては国内最大級、世界最高レぺルの集光度を誇ります。

 

ここがポイント!

 ビームダウン式としては国内最大級、世界最高レベルの集光度を誇ります!

  • 所在地/〒889-2192 宮崎市学園木花台西1丁目1番地
  • 連絡先/担当:工学部総務係  TEL.0985-58-2871   FAX.0985-58-2876 e-mail:kousoumu@of.miyazaki-u.ac.jp 
  • 受け入れ可能人数/50名程度
  • 見学可能日・時間/9時0分~16時0分
  • 見学所要時間/任意(30分程度)
  • 料金/無料 

 宮崎大学集光型太陽光発電システム

分野/教育・研究施設

世界でもトップレベルの技術を誇る太陽光発電システム

宮崎大学集光型太陽光発電システム

太陽光発電に関連する研究開発を4つの部門に分けて実施。
学内の研究開発活動だけでなく、 県や関連企業と連携して新しい県産業創出も行っています。 大同特殊鋼株式会社と共同研究契約を結び14kW集光型発電システム2基を設置。発電バネルの大きさは縦7m、横10m集光型のシステムとしては国内最大の出力を有しています。
また、住友電気工業株式会社製の10kWシステム×2基とシャープ株式会社製の10kWシステム×1基を設置しています。

 

ここがポイント!

 太陽を追いかけ、レンズで光を集めた低コストでエコな発電です。

 

  • 所在地/〒889-2192 宮崎市学園木花台西1丁目1番地
  • 連絡先/担当:工学部総務係  TEL.0985-58-2871   FAX.0985-58-2876  e-mail:kousoumu@of.miyazaki-u.ac.jp
  • 受け入れ可能人数/50名程度
  • 見学可能日・時間/9時0分~16時0分
  • 見学所要時間/任意(30分程度)
  • 料金/無料  

 ソーラーフロンティア株式会社 国富工場

分野/太陽電池の製造、販売、輸出

独自の技術で生産する次世代太陽電池は経済性が高く環境に優しい

ソーラーフロンティア株式会社 国富工場

CIS薄膜太陽電池の研究開発、生産、販売、並びに同製品を使った発電システムの販売、発電所プロジェクトの開発・遂行、発電事業の運営・保守サービスを行っています。

 

ここがポイント!

 国富工場はCIS薄膜太陽電池の生産工場として世界最大級界

  • 所在地/〒880-1104宮崎県東諸県郡国富町田尻1815
  • 連絡先/担当:総務グループ  TEL.0985-77-7902  FAX.0985-77-7222
  • 受け入れ可能人数/50名
  • 見学可能日・時間/月曜日~金曜日(土日祝日を除く) 9時0分~17時0分 最終入場時間15時0分
  • 見学所要時間/2時間(人数によっては若干前後します)
  • 料金/無料
  • 注意事項等/事前に予約が必要です。自力歩行が可能な方に限らせて頂きます。(階段の昇降あり)
    撮影は所定の場所のみとなります. 

 霧島酒造株式会社 焼酎粕リサイクルプラントおよび発電施設

日本初の「サツマイモ発電」

霧島酒造株式会社

焼酎生産工程から発生する焼酎粕・芋くずをメタン発酵しています。プラントの処理能力は最大800m3/日、発生するバイオガスは最大32,000Nm3で、同種のリサイクルプラントでは国内最大規模です。
回収したバイオガスは焼酎製造用のポイラ一燃料、乾燥飼料製造の熱源及び発電の燃料として利用しています。発電規模は735kW×1基、585kW×2基の計1,905kW。発電した電力は、 「再生可能工ネルギ一固定価格買取制度」に基づき、すべて電力会社へ売電しています 。

 

ここがポイント!

 焼酎柏や芋くずを再利用し、ポイラ一燃料や堆肥、電力として南九州の大地や人々に還元されます。

  • 所在地/〒885-8588宮崎県都城市下川東4丁目28号1
  • 連絡先/担当:経営計画室  TEL.0986-22-2323(代表)   FAX.0986-25-8474
  • 受け入れ可能人数/約30名/回
  • 見学可能日・時間/一般見学は第2、第4水曜日見学可能  団体は随時見学受付
  • 見学所要時間/約40分
  • 料金/無料  

 みやざきバイオマスリサイクル株式会社

分野/バイオマス発電(鶏糞利用)

環境負荷の低減に貢献 

みやざきバイオマスリサイクル株式会社

全国最大規模の鶏糞発電所です。従来の課題だった鶏糞処理の解決方法として、養鶏農家からの鶏糞を直接焼却して発電しています。焼却灰は肥料原料として資源循環するシステムを構築し、環境負荷の低減に貢献しています。

  • 発電機出力/11,350kW
  • 会社設立/平成15年5月26日
  • 営業運転開始/平成17年5月27日
  • 鶏糞焼却能力/132.000t(年間)(肉用鶏の糞のみ)

 

ここがポイント!

  環境に優しいエネルギーを作り、養鶏農家の悩みも解決した鶏ふん発電

 

  • 所在地/〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南4621-1
  • 連絡先/総務課  TEL.0983-27-6810  FAX.0983-27-6204  e-mail:ooiwa@m-b-r.co.jp
  • 受け入れ可能人数/1回の最大受入可能数50名 
  • 見学可能日・時間/平日9時0分~16時0分
  • 見学所要時間/約1時間(座学30分・現場説明30分)
  • 料金/なし
  • 注意事項等/場合によっては、民間企業単独での視察をお断りする場合がございます。
    動きやすく、安全確保できる服装(長ズボン、シューズ・革靴)(女性のスカート、ハイヒールでの見学不可)

 コカ・コーラウエスト株式会社 グリーンパークえびの

分野/清涼飲料水の製造・販売

遊べる、楽しめる多目的施設 

コカ・コーラウエスト株式会社

コカ・コーラウエスト株式会社の公園工場「グリーンバークえびの」は、コカ・コーラ製品を製造する「えびの工場」のほか、花畑や芝生のグラウンドなど、一般の方がご利用いただける公園機能を備えています。敷地内には、工場見学の受付を行う見学施設「コーク館」があり、製造工程のご見学を行うほか、オフィシャルグッズを販売するショップや、約700点の貴重なコレクションを展示したギャラリーがあり、自由にご利用いただけます。

 

ここがポイント!

  コーヒーやお茶のかすを100%リサイクルし、肥料として再利用しています。

 

  • 所在地/〒889-4244宮崎県えびの市東川北1321-1
  • 連絡先/TEL.0984-25-4211(休館日を除く9時30分~17時0分)
  • 受け入れ可能人数/自由見学:制限なし、ガイド付き見学:応相談 
  • 見学所要時間/15分~60分
  • 料金/無料
  • 見学可能日・時間/営業時間:9:30~17時0分、終日自由見学  9時30分~16時30分(受付終了16時0分)   ガイド付き見学:応相談
    休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、その他臨時休館あり

 中国木材株式会社 日向工場

分野/木製材業

製材量は国内一 

中国木材株式会社 日向工場

外材輸入・製材・加工・販売までを行う住宅用構造材(柱・梁・桁)の総合建材メー カーで、製材量は国内一です。日向市には国内最大級の国産材製材工場を立上げ、製材途中に発生する樹皮・木片・オガなどを燃料とした木質バイオマス発電と、工場の屋根に設置したパネルで太陽光発電を行い、電力の販売をしています。
国産材を無駄なく活用できるシステムを構築し、持続可能な森林経営を目指します。

 

ここがポイント!

  18,000kWものバイオマス発電を行っています。

 

  • 所在地/〒883-0063宮崎県日向市竹島町1-101
  • 連絡先/日向管理課  TEL.0982-50-2882  FAX.0982-50-2883
  • 受け入れ可能人数/40名 
  • 見学可能日・時間/月曜日~金曜日 8時0分~17時30分
  • 見学所要時間/1時間20分
  • 料金/なし
  • 注意事項等/履物のスリッバ、草履、女性のハイヒール・スカートはご遠慮ください 。

 吉田産業株式会社/ウッドエナジー協同組合/宮崎パワーライン株式会社

分野/木材製材業、集成材加工販売、木材協同電力販売、木質燃料販売業

木材資源を無駄なく有効利用 

吉田産業株式会社/ウッドエナジー協同組合/宮崎パワーライン株式会社

宮崎特産物である飫肥杉を利用し、建築資材一般住宅資材を製材加工し、商社・ハウスメ一カーなどに全国的に販売しています。国内はもとより、韓国、台湾への輸出も行っています。資源育成から商品化まで、木材資源をトータルで扱う国内唯一の会社であり、隣接しているウッド工ナジー (協)が集成材加工、発電事業など、国内資源の付加価値商品づくりを行っています。また自社に、製材端材や林地残材等を燃料としてバイオマス発電施設を有し、木質工ネルギーを無駄なく効率的に利用することで、環境に優しく尚且つ資源循環型社会の一翼を担っています。自社で使用する電気は全て自社でまかない、宮崎バワーライン株式会社を通して余剰分は販売を行っています。また、電気だけでなく乾燥した原版を建材として加工する過程で発生する端材・おが屑を圧縮成形して作られるブリケット・ぺレットの販売も行っています

 

ここがポイント!

  割り著の原料など、端材の部位を選別して無欧なく使い切ります。

 

  • 所在地/〒889-3215 宮崎県日南市南郷町榎原甲2091番地
  • 連絡先/担当:総務部  TEL.0987-74-1311   FAX.0987-74-1718  e-mail:info@woodenergy.or.jp
  • 受け入れ可能人数/10名 
  • 見学可能日・時間/応相談
  • 見学所要時間/工場見学30~40分
  • 料金/500円/名
  • 注意事項等/工場内を移動するためヒールの高い靴での見学はご遠慮下さい。

 分野/木材利用に関する試験研究及び木材利用技術の指導、相談並びに研究成果等の普及

木材の利用を促進し、林業、木材産業の振興を図ります 

宮崎県木材利用技術センター

  1. 木質バイオマスの多角的利用技術の開発及び耐久性評価に関する研究等
  2. スギ大径材の乾燥技術に関する研究、集成材や木質材料の開発及びスギ材に適した接合具の開発等
  3. スギの新たな部材(心去り材等)による耐力要素の開発及び中・大規模木造建築物を対象とした接合部の開発等
  4. 公共建築物等の木造化や内装木質化を促進するための企画・設計・施工に関する技術支援等

 

ここがポイント!

  木造建築の伝統技能を活かし、 最先端の木質構造技術を用いた県内木造施設のモデルとなる施設です

  • 所在地/〒885-0037 宮崎県都城市花繰町21号2番
  • 連絡先/TEL.0986-46-6041   FAX.0986-46-6047 e-mail:mokuzai-center@pref.miyazaki.lg.jp(代表アドレス)
  • 受け入れ可能人数/約100名(大会議室収容人数) 
  • 見学可能日・時間/平日9時0分~17時0分
  • 見学所要時間/約1時間
  • 料金/無料

 宮崎県環境情報センター

分野/宮崎県の環境に関する情報の発信

宮崎県の再生可能エネルギーについて学べます 

宮崎県環境情報センター

宮崎県環境情報センターは、環境に関する情報の収集・提供および環境教育の支援の拠点として設置しており、子どもから大人まで幅広く県民の方々に活用されています。
また、太陽光・バイオマス等の再生可能工ネルギ一関連施設から構成される 「宮崎県次世代工ネルギーバーク」の相談窓口でもあり、見学受け入れ対応のほか、県内の産業・歴史・文化等を融合させた見学会等も行うなど、見る・触れるといった五感を通した学習の機会を増やすことにより、環境教育の推進を行っています。

 

ここがポイント!

  再生可能エネルギーと地元の産業・歴史・文化等を融合させた見学・体験メニューを受けられます! 

  • 所在地/〒880-0031宮崎市船塚3-210-1宮崎県立図書館1階
  • 連絡先/TEL.0985-23-0322  FAX.0985-26-4720  e-mail:kankyojyoho@coral.ocn.ne.jp
  • ホームページ/http://eco.pref.miyazaki.lg.jp/center/
  • 開館時間/9時0分~19時0分
  • 休館日/県立図書館の休館日等
  • 料金/無料
  • 注意事項等/「次世代工ネルギーバーク」内施設の見学には事前申し込みが必要です。

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER