ホーム > 観光ボランティアガイド案内 > 椎葉村観光ガイド協会

更新日:2011年12月2日

ここから本文です。

椎葉村観光ガイド協会

民俗学発祥の地で、歴史と山村の生活を学ぶ

平家落人伝説や椎葉神楽など、いにしえの文物が残る椎葉の観光名所を、歴史解説や民俗文化を紹介しながら案内。モデルとして上げた1泊2日のコース以外にも、要望に応じて、様々なプランに対応している。

プロフィール

上椎葉ダム

団体名称

椎葉村観光ガイド協会

会員数

6名

案内地域

椎葉村内

申込方法

TELまたはFAXにて

ガイド料金

1時間:1,000円

案内時間

9時00分~17時00分

予約申込期限

案内希望日の5日前

申込受付時間

9時00分~17時00分

備考

昼食時間を挟む場合は案内人の昼食も必要となります

申込用紙

ダウンロード(PDF:217KB)

お問い合わせ先

椎葉村観光ガイド協会事務局

〒883-1601
椎葉村大字下福良1822番地4
一般社団法人椎葉村観光協会内

TEL 0982-67-3139

FAX 0982-68-7031

おすすめモデルコース

椎葉で過ごす一泊二日モデルコース

1日目

仲塔渓谷(なかとうけいこく)

仲塔渓谷(なかとうけいこく)

五ヶ瀬町方面から福良トンネルを通ったところにある。国道265号線に沿って流れる、耳川の支流・十根川(とねがわ)の侵食で形成されたもので、春はイワツツジ、秋は紅葉の名所として知られている。

車 ↓【仲塔渓谷(なかとうけいこく)】から車で15分

八村杉

八村杉

十根川地区の十根川神社境内にある。平家追討のため派遣された、那須大八郎宗久が植えたといわれる。幹まわりが約19m、高さ約54.4mを誇る、県内最大級のもの。

車 ↓【八村杉】から車で2分

大久保のヒノキ

大久保のヒノキ

十根川地区の少し奥にある大久保地区にある樹齢800年のヒノキ。高さ32m、東西に約32m、南北に約30mと、幾重にも絡み合う枝が歴史を感じさせる。1994年、国の天然記念物に指定された。

車 ↓【大久保のヒノキ】から車で20分

落ち水の滝

役場や鶴富屋敷など村の中心部に近い国道265号線沿いにある、落差70mの大きな滝。木々におおわれ、全貌を見ることはむずかしいが、滝の音と清流に風情が感じられる。

車 ↓【落ち水の滝】から車で5分

上椎葉ダム・女神像公園

上椎葉ダム

1950年から約5年の歳月を経て建造された上椎葉ダムは、高さ110m、長さ340mの大規模なもの。ダム湖である日向椎葉湖畔には、工事中に亡くなった工事関係者の霊を慰めるため、仏教、キリスト教、そして水を司る3体の女神像が建てられている。

車 ↓【上椎葉ダム・女神像公園】から車で5分

鶴富屋敷

鶴富屋敷

正式な名称は「那須家住宅」。平家の落人の鶴富姫と、那須大八郎との悲恋物語の舞台となった。平安時代の寝殿造りの流れを汲むもので、約300年前に築造されたと推定されている。

徒歩 ↓【鶴富屋敷】から徒歩で3分

椎葉民俗芸能博物館

椎葉民俗芸能博物館

村に古くから伝わる伝統芸能や民俗だけにとどまらず、九州各県やアジアの民俗文化も紹介している。

↓【椎葉民俗芸能博物館】から宿へ

2日目

↓宿を出発

徒歩 ↓【宿】から徒歩で1分

十根川伝建地区散策

十根川伝建地区散策

山の斜面に石垣を巡らし、瓦葺きの住宅が集まっている。1998年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。

トップページへ戻る

癒しの国みやざき観光ボランティア協議会
〒880-0804 宮崎市宮田町3番46号 県庁9号館 TEL.0985-26-6100 FAX.0985-26-6123

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER