ホーム > 観光ボランティアガイド案内 > 西都市観光ボランティアガイド協議会

更新日:2011年12月8日

ここから本文です。

西都市観光ボランティアガイド協議会

西都市の観光名所をご案内

西都原古墳群、記・紀の道、国分寺跡という西都市を代表とする観光名所を、ボランティア精神をもって案内するように心がけ、西都市に一人でも多くのお客様が来ていただけるように、もてなしの心で案内をしています。

プロフィール

女狭穂塚

団体名称

西都市観光ボランティアガイド協議会

会員数

25名

案内地域

西都原、記・紀の道、国分寺跡(木喰五智館)

申込方法

TEL・FAXにて受付(所定の申込書に記入)

ガイド料金

無料

案内時間

10時00分~15時00分(これ以外も予約により受け付ける)

予約申込期限

案内希望日の1週間前

申込受付時間

8時30分~17時00分

備考

原則として2~20名まで、観光案内所にて待ち合わせるその後、移動は歩いて案内か、バスにて行う
・案内時間については、ご希望の時間に対応できます。
(要 事前打ち合わせ)

申込用紙

ダウンロード(PDF:391KB)

お問い合わせ・申し込み先

西都市観光ボランティアガイド協議会事務局

〒881-0015
西都市聖陵町2丁目4番地
西都市観光協会内

TEL 0983-41-1557

FAX 0983-41-1559

 

おすすめモデルコース

記・紀の道(所要時間約1時間~1時間30分)

日本でも最も古いと言われる「古事記」「日本書紀」には、日本神話の根幹をなす日向神話の事が書いてあります。
その伝承の中心になるのは天孫ニニギノミコトとその妃コノハナサクヤヒメにまつわる説話です。
この説話の道筋にあたるものが、古事記の記と日本書紀の紀から名付けられた
記・紀の道です。
歩いて一時間(約4km)、ロマンの道を分かりやすく案内します。

1.都萬神社

都萬神社

「さいまんさま」とも呼ばれており、日向式内社の一つで、コノハナサクヤ姫を御祭神としている。

徒歩で移動 ↓【都萬神社】から徒歩で約5分(230m)

2.御舟塚

御舟塚

高天原から高千穂の峯に降臨された天孫ニニギノ尊の一行が、海路で奥深い入り江であったと伝えられるこの地に到着され、そのときの舟が鎮まったところ。

徒歩で移動 ↓【御舟塚】から徒歩で約20分(1,060m)

3.逢初川

逢初川

「古事記」の中にでてくる逢初川と伝えられ、天孫ニニギノ尊がこの小川で水汲みをしていたコノハナサクヤ姫を見初められた場所。

徒歩で移動 ↓【逢初川】から徒歩で約1分(40m)

4.八尋殿の跡

八尋殿の跡

天孫ニニギノ尊が、コノハナサクヤ姫と新婚生活のために建てられた御殿の跡。

徒歩で移動 ↓【八尋殿の跡】から徒歩で約7分(380m)

5.無戸室跡

無戸室跡

一夜で懐妊したコノハナサクヤ姫が夫ニニギノ尊に疑われて戸のない産室をつくり火をかけて無事に3皇子(アマツヒコホホデミノミコト・ホツセリノミコト・ホアカリノミコト)を出産された場所。

徒歩で移動 ↓【無戸室跡】から徒歩で約1分(80m)

6.児湯の池

児湯の池

コノハナサクヤ姫が火の中で産まれた3皇子の産湯として水を使った池。

徒歩で移動 ↓【児湯の池】から徒歩で約7分(320m)

7.石貫神社

石貫神社

コノハナサクヤ姫の父・大山祇命を御祭神としている。

徒歩で移動 ↓【石貫神社】から徒歩で約10分(330m)

8.大山祇陵

大山祇陵

コノハナサクヤ姫の父・大山祇命の御陵といい伝えられている柄鏡式前方後円墳(全長90m)。

徒歩で移動 ↓【大山祇陵】から徒歩で約16分(880m)

9.鬼の窟

鬼の窟

コノハナサクヤ姫を嫁にと請う悪鬼が父神の大山祇命より一夜で石造りの館を所望し完成させた窟。

徒歩で移動 ↓【鬼の窟】から徒歩で約11分(500m)

10.女狭穂塚

女狭穂塚

コノハナサクヤ姫の御陵といい伝えられ、全長174m、最高部の高さ15mの規模を有する九州最大の前方後円墳。

その他おすすめコース

西都原古墳群

東西2.6km、南北4.2km、標高50~80mの台地に311基の古墳が点在しています。
4世紀前半~7世紀前半に造られた古墳であり、全国的に非常に珍しいと言われています子持家形埴輪や舟形埴輪などを出土しており、その他にも金銅製馬具類一式も出土しています。
昭和27年に国の特別史跡に指定され、更にわが国第1号の風土記の丘として昭和41年~44年にかけて整備され、昔の姿をそのままに残しています。
その古墳群内を案内します。

国分寺跡(木喰五智館)

聖武天皇は、仏教によって国家の理想を実現するという方針から、全国に国分寺
及び国分尼寺を建立しました。
日向国分寺は8世紀中頃に建立された官寺です。
その後、江戸時代には全国行脚の途中の山梨県出身の木喰上人によって造られ
た仏像を安置するための木喰五智館が建てられています。

トップページへ戻る

癒しの国みやざき観光ボランティア協議会
〒880-0804 宮崎市宮田町3番46号 県庁9号館 TEL.0985-26-6100 FAX.0985-26-6123

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER