ホーム > 観光ボランティアガイド案内 > 西都原ボランティア協議会

更新日:2011年12月2日

ここから本文です。

西都原ボランティア協議会

人にやさしい博物館を陰に陽に支える

県が運営、(NPO)iさいとが運営支援事務局を担い、一般から募集したボランティアによって運営されている。西都原考古博物館の展示室の案内・解説や、周辺に広がる西都原古墳群の案内などを行っている。

プロフィール

団体名称

西都原ボランティア協議会

会員数

53名

案内地域

西都原考古博物館展示室、西都原古墳群

申込方法

TELにて

ガイド料金

無料

案内時間

10時00分~18時00分

予約申込期限

案内希望日の1ヶ月前

申込受付時間

10時00分~17時00分

お問い合わせ先

西都原ボランティア協議会事務局

〒881-0003
西都市三宅西都原西5670

TEL 0983-41-0041(代表)

FAX 0983-41-0051

おすすめモデルコース

おすすめモデルコース(約2時間)

西都原ガイダンスセンター「このはな館」出発

鬼の窟古墳

鬼の窟古墳

6世紀後半~7世紀ごろに造られたといわれる円墳。開口した横穴式石室と周囲に外堀を持つのが特徴となっている。このあたりの首長の墓だと推定されている。

13号墳

1912(大正元)年~1917(同6)年にかけて、県による発掘が行われた墳墓のひとつ。後円部に縦穴があり、川原石や木管などが出土した。

酒元ノ上横穴墓群(西都原古墳群遺構保存覆屋)

酒元ノ上横穴墓群

古墳群で初めて確認された横穴墓。鬼の窟古墳とほぼ同時期のものと推定されている。保存と発掘作業のために、覆屋が設置され、発掘された状態を見学できる。

4号地下式横穴墓

4号地下式横穴墓

1956(昭和31)年、農地を耕作中に偶然発見された地下式では最大級の横穴墓。設置されているCCDカメラを遠隔操作して内部の様子を見ることができる。

男狹穂塚・女狹穂塚

古墳群のほぼ中心に位置する2基の巨大な古墳。男狹穂塚はニニギノミコト、女狹穂塚はその妻であったコノハナサクヤヒメの墓だという伝説が残っている。実際には、5世紀初めから中ごろにかけて造営されたこの地方の首長の墓だと推定されている。

トップページへ戻る

癒しの国みやざき観光ボランティア協議会
〒880-0804 宮崎市宮田町3番46号 県庁9号館 TEL.0985-26-6100 FAX.0985-26-6123

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER