ホーム > 観光ボランティアガイド案内 > 百済の里観光ボランティアの会

更新日:2011年12月1日

ここから本文です。

百済の里観光ボランティアの会

百済の里の名所をめぐる

飛鳥時代に滅亡した百済から、王家の一族が流浪の末たどり着いたという伝説の残る美郷町南郷区で、西の正倉院を中心に村内の名所旧跡を“もてなしの心”を大切にしながら案内している。月に1回ペースで勉強会も開催している。

プロフィール

南郷村

団体名称

百済の里観光ボランティアの会

会員数

11名

案内地域

美郷町南郷区内

申込方法

TELにて

ガイド料金

無料

案内時間

11時00分~15時00分のうち、30分~1時間程度

予約申込期限

案内希望日の10日前まで

申込受付時間

8時30分~17時15分

備考

4名以上のグループで。
基本的に日曜日が中心だが、それ以外の日程でも対応可能

お問い合わせ先

百済の里観光ボランティアの会事務局

〒883-0306
美郷町大字神門287
美郷町役場南郷支所地域政策課

TEL 0982-59-1600

FAX 0982-59-1119

おすすめモデルコース

百済の里散策コース(約1時間)

百済の館

百済の館

百済の王都だった扶餘(プヨ)の王宮跡にある国立扶餘博物館にある客舎をモデルに建てられたもの。館内には百済の宝物や、重要文化財のレプリカが展示されているほか、韓国や百済に関するグッズを購入できるショップもある。

徒歩 ↓【百済の館】から徒歩で移動

神門神社

神門神社

718(養老2)年に創建された由緒ある神社。百済国伯智王(禎嘉帝)も祀られている。銅鏡33面のうちの一部が、奈良正倉院の収蔵品と共通することがわかり注目を集めた。2000年に国の重要文化財に指定された。

徒歩 ↓【神門神社】から徒歩で移動

西の正倉院

西の正倉院

神門神社にあった、百済に由来する銅鏡などを集めた博物館。宮内庁や奈良国立文化財研究所の協力や支援を受け、門外不出とされていた正倉院図を元に、奈良正倉院と寸分の違いもなく再現したもの。

その他スポット

南郷温泉山霧(車で5分)

露天風呂からの眺めも楽しめる温泉。

恋人の丘(車で10分)

扶餘の百花亭を再現したもの。

鬼神野栂尾溶岩渓谷へ(車で20分)

小丸川上流にある国内最大規模の渓谷。

トップページへ戻る

癒しの国みやざき観光ボランティア協議会
〒880-0804 宮崎市宮田町3番46号 県庁9号館 TEL.0985-26-6100 FAX.0985-26-6123

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER