ここから本文です。

更新日:2011年12月1日

サーフィンマナー講座

サーフィンは、自然を相手にするスポーツ。
そして、ボードひとつで気軽に楽しめるのが魅力のひとつです。
その一方で、個々のマナーとモラルの高さが求められるスポーツでもあります。
海を愛するサーファースピリットを忘れずに、よりよいサーフィンを楽しみましょう。

ここではさまざまなサーフィンマナーを紹介します。

海ルール

波の優先権

波の優先権

波の優先権は波のピークに一番近いところにいる人にあります。
ピークからの距離がほぼ同じ場所の場合には、先に立ち上がった人が優先されます。
優先権がわかりづらい場合には、臨機応変に対処しましょう。
波を横取りしたり、ライディングの邪魔をしたりすると、ケガやトラブルの原因になります。
間違って乗ってしまったら、速やかに外に出ましょう。
そして、素直な“ごめんなさい”の一言を忘れずに。

サーファーそれぞれが、譲り合いの気持ちを持つことが大切ですね。
のんびりと構えて、楽しくサーフィンをするように心掛けましょう。

レベルに合った楽しみ方を

レベルに合った楽しみ方を

まずは自分のレベルを知ること。
難易度の高いポイントに無理をして入ると、取り返しのつかない事故につながってしまうこともあります。

特に日南方面は、上級者向けのポイントが多いので注意しましょう。また、ビギナー向けの場所でも、日々刻々と状況は変わっていきます。少しでも無理だと感じたら、海に入るのをやめましょう。

初心者は単独や初心者同士で入らずに、できるだけ経験者の人と一緒に海に入るようにしましょうね。

仲間以外にも気をつかう

仲間以外にも気をつかう

誰もが自分のペースを持っています。
ずっと波待ちしていたポイントに、大勢でガヤガヤと入ってこられたら、ペースを乱されて誰でも気分が悪くなりますよね。
仲間内だけでまとまって、まわりの雰囲気を壊さないように気をつけましょう。

ボードを放ささない

ボードを放さない

波を回避できなかった時、慌てて自分のボードを手放してしまう人がいます。
故意ではないにしても、他のサーファーに当たったら大ケガです。
みんなの安全のために、できるだけボードを放さないようにしましょう。

もし迷惑かけてしまったら…

もし迷惑かけてしまったら・・・

気をつけていても他のライディングを邪魔してしまったり、わざとではなくても迷惑をかけてしまうこともありますよね。
そんなときは素直に謝りましょう。
場所が離れているときは、身ぶり手ぶりで示してもいいですね。

陸ルール

迷惑駐車は厳禁

迷惑駐車は厳禁

停める場所がないからといって、路上駐車や迷惑駐車をしてしまうと、その地域で生活している人に大変迷惑がかかります。
特に宮崎市の木崎浜や、日南エリアの一部など、地元サーファーの皆さんの尽力により、広場や道路の一部を駐車場として使用することが実現しているという場所もあります。
一部の人の迷惑行為のせいで、サーファー全員が白い目で見られる結果となってしまいます。

混雑してる時や駐車スペースがない場合は、速やかに別のポイントに移動しましょう。

見学や波チェックの際もマナーを守ろうね。

アイドリング・騒音はタブー

アイドリング・騒音はタブー

いつまでも美しい海岸を保つために…。
自然の大切さなど地球環境を考えるのはサーファーの使命!
温暖化が進めば、貴重なビーチの数も減ってしまいます。
停車中のエンジンかけっぱなし(アイドリング)は止めましょう。

また大音量でカーステレオを鳴らしたり、仲間内での大騒ぎは慎んで。
まわりで生活する住民がいることを、常に忘れないようにしましょう。

来たときよりも美しく

来たときよりも美しく

ゴミだらけの海岸はとても悲しい風景。
自分たちのフィールドはキレイなほうが断然いいですね。
当たり前のことですが「ゴミを出さない、捨てない、持ち帰る」が大原則。
そしてまわりに落ちているゴミも積極的に拾いましょう。
もちろんタバコのポイ捨てなんかはもってのほか。
宮崎でもさかんにビーチクリーン作戦が行われてるので、見かけたら是非参加してみて。
きっと新しい仲間づくりもできるはず!

海を美しくするのはサーファーの使命。よろしくね。

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER