ここから本文です。

霧島ジオパーク

~自然の多様性とそれを育む火山活動~

四季折々

 鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島山は、20あまりの火山がそびえ、周辺に大浪池をはじめとする火口湖が水をたたえています。
豊かな自然に囲まれたこの一帯は、四季折々の美しさや雄大で変化に富んだ景観が魅力です。
平成22年9月には、霧島山を中心とした環霧島地域が「日本ジオパーク」に認定されました。

えびの高原(えびの市)

えびの高原

噴気活動や火山ガスのため、ミヤマキリシマ、ススキ、アカマツを主体とした風景が広がり、世界で唯一自生しているノカイドウを見ることができます。

詳細を見る


六観音御池(えびの市)

六観音

池の周囲をミズナラ・カエデなどの広葉樹とモミ・アカマツなどの針葉樹が混生する豊かな森に囲まれ、四季を通じて多くの観光客が訪れます。

詳細を見る


韓国岳(えびの市・小林市・霧島市)

韓国岳

約17,000年前の噴火で作られた霧島山の中で標高1,700mと最も高い山です。山の大きさのわりに火口が大きいのが特徴です。また、火口壁は過去の爆発で崩壊し、角度によっては2つの山があるように見えます。

詳細を見る


高千穂峰(高原町・都城市)

高千穂峰

天孫降臨の伝説の伝説があり、きれいな山の形が特徴で、約7,000年前に活動を始めました。

詳細を見る


新燃岳(高原町・都城市)

新燃岳

現在の霧島山の中では、最も活動的な火山のひとつです。2011年1月に約300年ぶりとなる大規模噴火を起こしました。

詳細を見る


御池(高原町・都城市)

御池

約4,600年前に霧島山の中で、最大規模の噴火でできた火口湖です。山体は形成されず周辺にボラ(軽石)が分厚く積もりました。

詳細を見る


須木の滝(小林市)

須木の滝

約34万年前に加久藤カルデラから噴出した、火砕流溶結部にかかる滝です。別名「ままこ滝」とも呼ばれています。

詳細を見る


矢岳高原(えびの市)

矢岳高原

加久藤カルデラの縁にあたり、加久藤カルデラと霧島山を一望できます。えびの市と湧水町にまたがる加久藤カルデラは昔湖でした。

詳細を見る


桐原の滝(曽於市)

桐原の滝

落差15m、幅60mで、約34万年前の加久藤火砕流溶結部にかかる滝です。


関之尾滝(都城市)

関之尾滝

「日本の滝100選」に選ばれる、落差18m、幅約40mの滝です。上流部では、甌穴群を観察することができます。約34万年前の加久藤火砕流の溶結凝灰岩ができています。

詳細を見る

ホーム > 見どころ > 霧島ジオパーク