ここから本文です。

美しい夏キリシマ

えびの市

【黒木邸】

右下マップ

物語の主舞台、黒木監督の実邸。多くのボランティアや美術スタッフが終戦時の家屋に復元。

えびの市

【陣の池】

右下マップ

伊東と島津氏の合戦で、伊東氏が近くに陣を置いたことに由来。地元の人々の憩いのスポット。

えびの市

【えびの駅】

下マップ

「霧野駅」となったえびの駅。アルミサッシ戸は木枠のガラス戸へ改修され、現在も保存。

えびの市

【大溝原】

左下マップ

小さなほこらのある場所。夜間照明用に大きな足場が組まれた。写ると困る電柱は移動。

えびの市

【めがね橋】

右マップ

風光明媚な景観にスタッフも感嘆。橋の上は風が強く、帽子を飛ばされたスタッフも。

えびの市

【野営地】

右マップ

専門スタッフによる軍事訓練の指導を受けるエキストラ。多くの市民などが映画を支えた。

Staff&Cast

  • プロデューサー:仙頭武則
  • 監督:黒木和雄
  • 脚本:松田正隆・黒木和雄
  • 音楽:松村禎三
  • 出演:柄本 佑・小田エリカ・石田えり・ 香川照之・左 時枝・牧瀬里穂 ・原田芳雄
  • 製作:キリシマ1945

ストーリー

1945年夏。南九州の霧島地方では、敵機グラマンが田園を横切り悠々と飛んでいく。15歳の日高康夫(柄本佑)は、動員先の工場で空襲に遭い、親友を見殺しにしたという罪の意識から、毎日をうつうつと過ごしていた。

厳格な祖父・重徳(原田芳雄)は、そんな康夫を非国民とののしるが、大人たちの間にも混乱の空気は広がりつつあった。
康夫の叔母の美也子(牧瀬里穂)は、特攻隊の愛人と最後の逢瀬を交わし、農婦のイネ(石田えり)は、村の駐屯兵と死に物狂いの関係をもつ。

そんなある日、康夫は思い切って、死んだ友の妹・波(山口このみ)に会いに行く。一度は追い返された康夫だが、再び許しを乞いに訪れた時、波からある命題をつきつけられる・・・。全編えびの市でロケ敢行。

ロケ地周辺ナビ

えびの高原・韓国岳(えびの市)

標高1,200mの高原で、霧島連山の最高峰「韓国岳」を望み、四季折々の自然のもと、温泉やトレッキングが楽しめる。

生駒高原(小林市)

霧島の雄大な自然を背景に、春は菜の花やアイスランドポピー、秋はコスモスなどが咲き誇る、花の名所として有名。

高千穂牧場(都城市)

霧島山麓にある酪農体験のできる牧場。人気のソフトクリームや新鮮な乳製品、本格派の焼肉料理などが好評。

関之尾滝(都城市)

「日本の滝100選」にも選ばれた、高さ18m、幅40mの大滝に加え、上流にある国の天然記念物に指定されている甌穴も圧巻。

霧島ファクトリーガーデン(都城市)

工場全体を一般に開放し、醸造施設やイベント・スポーツ施設などがあり、工場見学ツアーも実施している。

麓文弥節人形浄瑠璃(都城市山之口町)

江戸時代、参勤交代にお供した同町麓の郷士が習得して伝えたのが始まりで、国の重要無形文化財に指定されている。

宮崎全体マップ(PDF:1,104KB)

ホームへ戻る

ホーム > 見どころ > 宮崎ロケナビ > 美しい夏キリシマ