ここから本文です。

北部-高千穂など

自然が作り出す迫力満点の自然景観、受け継がれてきた特有の文化と多彩な食の楽しみ。神話と歴史をつなぐ大切な地。日本最古のスピリチュアルスポットが、ここにあります。

見どころon イベントoff 食

千年以上の時を越え、南国のダイナミックな自然の中に、今も息づく古代ロマンの香り。

高千穂峡

高千穂峡は、阿蘇火山活動で噴出した溶岩流を五ヶ瀬川が浸食してできたもので、高さ80メートル~100メートルにも及ぶ柱状節理が、素晴らしい懸崖となった渓谷です。高千穂峡のシンボルは、日本の滝100選にも選ばれた「真名井の滝」。周囲500メートルの遊歩道では、春の新緑、秋の紅葉など、四季折々の美しい景観が楽しめます。

詳細ボタン


国見ヶ丘

神武天皇の孫、建盤竜命(タテイワタツミノミコト)が九州(筑紫の国)統州の際に立ち寄りこの場所で四方を望んだという伝説の丘。標高513メートルの国見ヶ丘からは、東に高千穂盆地、西に阿蘇外輪山や五岳、北に尾根祖母山、南に椎葉の山々を一望できます。ここは雲海の名所としても有名で、秋から初冬にかけての快晴の朝に、高千穂盆地や山々の間に雲の群れが沈んでいく様子はとても幻想的です。

詳細ボタン


高千穂神社

高千穂神社

高千穂神社は、平安時代以来1200年以上の歴史のある古社で、高千穂八十八社の総社として広く信仰を集めています。本殿と所蔵品は国の重要文化財に指定されており、境内には源頼朝の代参・畠山重忠手植えの樹齢800年の秩父杉や、2本の杉の幹が一つになった夫婦杉があります。

詳細ボタン 


天岩戸神社

天岩戸神社

天岩戸神社は、日本神話でも有名な天照大御神が籠もられた天岩戸を祀る神社で、高千穂神社とともにパワースポットとして注目を浴びています。

詳細ボタン 


馬ヶ背・クルスの海

馬ヶ背は、日向岬の先端に位置し、海岸沿いに続く柱状岩が馬の背のように見えることからこの名がついたとされています。岬の奥にある展望台からは、高さ70メートル、奥行き100メートルの柱状岩が切り立つ断崖絶壁や、その岩の形状が「叶(かなう)」という文字に見えることから、訪れると願いが叶うといわれている「クルスの海」を見渡すことができ、神秘的な雰囲気が漂っています。

詳細ボタン


美々津(みみつ)

江戸時代末期から大正時代にかけて、京阪神との交易拠点として栄えた港町。国の重要伝統的建造物に指定された「美々津街並保存地区」は、今も京風の家々が建ち並び、情緒溢れる街並みになっています。また、日向神話の中で神武天皇は、この地から大和地方へ向けてお船出したと伝えられています。

詳細ボタン

ホーム > みやざき早わかり > 北部(高千穂など-見どころ)