ここから本文です。

西部-えびの高原など

宮崎県と鹿児島県の県境に広がる景勝の地。韓国岳をはじめとする霧島連山に囲まれた高原は、四季折々に美しい姿を見せ、訪れる人を魅了します。自慢の温泉や美食も、旅の心を誘います。

見どころタブ イベントタブ 食off

えびの高原の見どころ 大らかな霧島の懐に抱かれて、いにしえの人々へと想いを馳せる。

えびの高原

霧島山噴火警報(火口周辺)について

霧島観光の中心地である標高約1,200メートルの「えびの高原」。九州で一番高い標高の温泉郷で、日本初の国立公園指定を受けています。かつては火山ガスが多く噴き出し、過酷な環境のためススキがえび色に変色していたことが、「えびの」の地名の由来とか。韓国岳や高千穂峰への登山をはじめ、夏はキャンプやトレッキング、冬はスケートなどが楽しめる自然豊かなエリアです。

詳細ボタン


韓国岳新燃岳高千穂峰

霧島連山の最高峰は標高1,700メートルの「韓国岳」。遠く韓国まで見渡すことができるほど高いとして「韓国の見岳」と呼ばれたことがその名の由来とも言われています。第二峰は1,573メートルの「高千穂峰」。山頂部が都城盆地に発生する雲海に浮かぶ島に見えることから、「霧島」の名の由来となったとされています。そして、それらの中央にある円錐状の火山が最も新しい「新燃岳」。霧島連山は大小23の火山群が連なっており、個性的な山々の表情が楽しめます。


陰陽石

約180万年前に霧島火山帯の溶岩が堆積し、川の浸食で形成された2つの奇岩。浜ノ瀬側の中にあり、陽石(男石)は岩の高さが17.5メートル、陰石(女石)は岩の周囲が5.5メートルもあり、「陰陽石」または「夫婦岩」と呼ばれています。近くには陰陽石神社があり、古くから縁結び、子宝、安産祈願の神として信仰されてきました。毎年秋分の日には陰陽石祭りが行われ、多くの参拝客でにぎわいます。

詳細ボタン


関之尾の滝

大淀川支流の庄内川にある幅40メートル、高さ18メートルの大きな滝が「関之尾の滝」。大滝の近くには、男滝、女滝があり、日本の滝100選に選ばれている名勝です。また、滝の上流部にある甌穴群(小さい瓶のような穴)は、国の天然記念物に指定されており、一見の価値があります。夏の夜には滝のライトアップが行われ、その幻想的な美しさを眺める人々でにぎわいます。

詳細ボタン


都城島津邸

日本有数の名家で、薩摩藩主としても名高い島津家。明治12年に、鹿児島へ移った島津久寛が再び都城に戻り、「都城島津邸」を建てました。その後何度か増改築され、平成20年には邸宅と施設が国の登録有形文化財となりました。昭和48年には昭和天皇もお泊りになられています。敷地内にある都城島津伝承館では、当時の男爵家の暮らしぶりや貴重な調度品などを知ることができます。都城島津の歴史を今に伝える貴重な場所です。

ホーム > みやざき早わかり > 西部(えびの高原など-見どころ)