ホーム > トライアル・シアター2018『麺麭屋文六の思案』

ここから本文です。

更新日:2018年8月27日

トライアル・シアター2018『麺麭屋文六の思案』

シリーズ第3弾となる今回は、“近代日本演劇の父”岸田國士の描く奇想天外な短編『麺麭(ぱん)屋文六の思案』『遂に「知らん」文六』にトライします。

パン屋文六の思案

〇開催日時   平成30年9月1日(土曜日) 午後6時30分開場 午後7時開演

                 9月2日(日曜日) 午後1時30分開場 午後2時開演

           ※上映時間は約70分。 両日とも終演後アフタートークあり。

〇場    所      メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) イベントホール
            (宮崎市船塚3丁目210番地)  

〇主    催  公益財団法人宮崎県立芸術劇場
〇おすすめ    舞台芸術界のトップランナーとともに、一般参加の出演者たちが約1週間の期間で舞台作品を
          創り上げるシリーズ。
                       オーディションで決定した10名の出演者たちは、今年は国内外で活躍する演出家・鳴海康平さん
         (第七劇場)とともに、戯曲界の芥川賞とも呼ばれる賞に名前を冠する“近代日本演劇の父”
         岸田國士の奇想天外な短編『麺麭屋文六の思案』『遂に「知らん」文六』にトライ!
                    
                        【あらすじ】 首都の場末。麺麭屋の河津文六一家の家には、京作という居候が住んでいる。
                             ある日、娘のおちかが京作と懇ろであることを知った文六。京作を追い出そうとしどろ
                             もどろになる文六のもとに、とつぜん彗星が地球に衝突するというニュースが飛び込ん
                 できて――。 

 

〇主要交通機関での所要時間      「宮崎駅」からタクシー約10分
                          「宮崎神宮駅」からタクシー約5分・徒歩約20分
                       ※劇場の駐車場はありません。
 〇問合せ先                公益財団法人宮崎県立芸術劇場
                             TEL:0985-28-3208    FAX:0985-20-6670

 

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER