ホーム > 見どころ > 一村一祭 > 一村一祭-牛越祭

ここから本文です。

一村一祭-牛越祭

イベント概要

フォトギャラリー

周辺スポット

周辺マップ

 開催概要

「牛越祭」は、農繁期を終えた牛たちの無病息災を願って行われている全国的にも珍しい行事です。毎年7月28日に、えびの市西川北の菅原神社境内で行われています。
※宮崎県無形民俗文化財指定(平成4年3月21日)

祭り会場はどんなところ?

えびの市中心部から川内川をはさんで北側にある西川北地区は、豊かな水に恵まれた水田地帯。東には九州自動車道や加久藤峠を越えて人吉に向かうループ橋が見えます。田んぼには、豊作を願う田の守り神「田の神さあ(たのかんさあ)」の姿も見られます。

祭りのみどころ

牛越祭みどころ

神社境内に、直径25cm、長さ4mの丸太を、地面からの高さ50cmの高さに設置し、その上を牛に飛び越えさせます。
行事に参加するのは身軽な子牛たち。飾りをつけ、飼い主に手綱を引かれて、飛び越していきます。牛が見事に飛び越すたびに、境内に集まった観客から拍手が起こります。

祭りの歴史

牛越祭歴史

400年以上前から行われていて、最盛期の江戸時代末期には、人吉(熊本県)や、姶良、伊佐(鹿児島県)などからも、飾り付けた牛が約600頭も参加したと伝えられます。
明治初期の廃仏毀釈により、菅原神社が整理されたことで一次中断されていましたが、その後牛馬の疫病が流行ったことから、疫病を収めようと、明治7年に神社を復興し祭りが復活しました。
また「うしごえ」には春の農耕で疲れた牛たちを静養させる<牛の肥育=牛肥え>の意味もあるとされ、人々が農耕を助けてくれる牛馬を大切にした様子や、心遣いが伺えます。

 

市町村 えびの市西川北
開催期間 7月下旬
会場 菅原神社境内(えびの市西川北)
お問い合せ先 えびの市観光協会 TEL:0984-35-3838

 フォトギャラリー

牛越祭1

牛越祭2

牛越祭3

牛越祭4

牛越祭5

牛越祭6

牛越祭7

牛越祭8

牛越祭9

牛越祭10

牛越祭11

牛越祭12

写真一覧を見る

 周辺スポット

 開催地周辺マップ


大きな地図で見る


このページに関するお問い合わせは

宮崎県

宮崎県 商工観光労働部 観光経済交流局 観光推進課 
宮崎県宮崎市橘通東2丁目10-1
電話:0985-26-7530 FAX:0985-26-7327  

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER