ホーム > 見どころ > 一村一祭 > 一村一祭-飫肥城下まつり

ここから本文です。

一村一祭-飫肥城下まつり

イベント概要

フォトギャラリー

周辺スポット

周辺マップ

 開催概要

秋の日南を代表するまつりで、郷土芸能や武者行列などの市中パレード、伝統の四半的(しはんまと)大会など、城下町の風情をたっぷりと味わう2日間です。
例年10月第3週の土・日曜に開催され、多くの人出で賑わいます。

祭り会場はどんなところ?

天正15年(1587年)に飫肥藩初代伊東祐兵が豊臣秀吉から領地として与えられ、築城されたのが飫肥城。以来、約400年にわたって伊東家の治世の中心となりました。島津藩との闘いは日本史上最長の84年間に及び、難攻不落の城としても知られます。5万1千石の城下町として栄えた町は碁盤目状に整備されていて、今も残る武家屋敷や、商人町の風情などから、九州の小京都とも呼ばれています。現在、城は石垣や堀割が残り、昭和54年に復元された大手門と松尾の丸(松尾の丸跡に江戸初期の御殿を復元)があります。このほか城内には飫肥城歴史資料館、城下には旧伊東邸の豫章館(よしょうかん)、明治の外交官小村寿太郎にちなむ小村記念館、武家屋敷の面影を留める武家屋敷通り、商家資料館、などがあります。

祭りのみどころ

飫肥城下まつり1土曜日は、午前11時にのろしが上がり、それを合図に城下の大手門へ早馬がはせ参じます。その後、大手門前や城内の特設ステージ(飫肥小学校グラウンド)で郷土芸能や歌謡ショー等のステージイベントが行われます。
日曜日の本祭、一番のみどころは12時から本町商人通りで行われる市中パレード。侍大将、女武者、武者行列、泰平踊(たいへいおどり)等が16時30分ごろまで練り歩きます。

 

泰平踊

折編み笠を目深にかぶり、羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)を着流しに、白足袋白緒の草履姿。腰には朱鞘の刀に印籠という粋な元禄の武者姿で踊ります。飫肥藩主伊東氏が上方の歌舞伎踊りと地元の盆踊りを組み合わせ、そこに柔術、弓術など武芸十八般を折り込んだといわれます。所作はゆっくりと、踊る姿も美しく、重厚な印象の踊りです。

 

市町村 日南市
開催期間 10月中旬
会場 飫肥城周辺
お問い合せ先 日南市観光協会 TEL:0987-31-1134

 フォトギャラリー

飫肥城下まつり1

飫肥城下まつり2

飫肥城下まつり4

飫肥城下まつり6

 周辺スポット

 開催地周辺マップ


このページに関するお問い合わせは

宮崎県

宮崎県 商工観光労働部 観光経済交流局 観光推進課 
宮崎県宮崎市橘通東2丁目10-1
電話:0985-26-7530 FAX:0985-26-7327  

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER