ホーム > 50の物語集 > 50の物語集一覧 > 神話編

50の物語集 神話編

第十六話 イワナガヒメと鏡|西都市 宮崎市

面食(めんく)いだった?ニニギノミコト

娘のコノハナサクヤヒメがニニギノミコトから結婚を申し込まれたことを知ったオオヤマツミは、大喜びです。

「これはこれはめでたいことだ。娘を嫁(よめ)に出すときには、ニニギノミコトのこれからの幸せを祈(いの)って、たくさんの贈り物をしよう」
そして、山ほどの贈り物をコノハナサクヤヒメに持たせ、なぜか、姉のイワナガヒメも一緒にニニギノミコトのもとに嫁(とつ)がせました。

コノハナサクヤヒメを迎(むか)えたニニギノミコトは幸せいっぱいでしたが、ふと見ると一緒に姉のイワナガヒメも来ているではありませんか。

木の花のようにサヤサヤと美しいコノハナサクヤヒメ。反対に姉のイワナガヒメはというと、岩のようにゴツゴツとしたみにくい顔です。ニニギノミコトはひと目見るなりこわくなってしまいました。

「私と一緒に姉を嫁がせたのは、あなたのためを思った父の心づかいなのです」

コノハナサクヤヒメがいくら言ってもニニギノミコトは聞き入れず、とうとうイワナガヒメをオオヤマツミの元へ返してしまいました。

イワナガヒメが帰されたことにおどろいたオオヤマツミは
「私が二人の娘を嫁がせたのには意味があるのです。コノハナサクヤヒメを妻にすれば木の花の咲くようにお栄えになったでしょう。また、イワナガヒメを妻にすれば岩のようにビクともしない永遠の命を持つことができたでしょうに。こうしてイワナガヒメだけ返したことで、ニニギノミコトの命は、いつの日か花のようにはかなく散ってしまうでしょう」
とニニギノミコトを呪(のろ)いました。

さて、イワナガヒメはというと、毎日毎日鏡をのぞいては、自分が美人に生まれなかったことを嘆(なげ)き悲しんでいました。

そんなある日、いつものように鏡をのぞいてみると、そこには竜のように恐(おそ)ろしい顔が映(うつ)っているではありませんか。おどろいたイワナガヒメは後ろ向きに鏡を放り投げてしまいました。

その鏡は遠くの山まで飛んでいき、ふもとの村をいつまでも明るく照らしたということです。

【都萬(つま)神社】(西都市)
コノハナサクヤヒメを祀り、地元では「妻萬様(さいまんさま)」と呼ばれています。お産の神、縁結びの神としてあがめられています。
また、コノハナサクヤヒメが子育てのために、お乳の代わりに甘酒を与えたという言い伝えから、清酒発祥の地ともよばれています。

【大山祇陵(おおやまつみりょう)】(西都市)
石貫神社から西都原台地につながる石貫階段を登ったところにある前方後円墳で、山の神オオヤマツミの御陵といわれています。
西都原古墳群の中で名前のついている古墳は少なく、オオヤマツミを祀る石貫神社の秋の例祭では、この御陵の前で神事がとり行われます。

【銀鏡(しろみ)神社】(西都市)
イワナガヒメとオオヤマツミを祀り、イワナガヒメが投げた鏡をご神体としたとも伝えられています。鏡は西都市銀鏡の竜房山の頂上の大木に引っかかり、麓の村を明るく照らしたので、その村を白見村と言うようになり、後にその鏡が銀の鏡だったので、銀鏡の名がついたといわれています。

<<第十五話  ・  第十七話>>

宮崎県
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号  TEL(0985)26-7530

本ホームページの著作権は、原則として宮崎県に帰属します。

Copyright © Miyazaki Prefecture. All Rights Reserved.