ホーム > 50の物語集 > 50の物語集一覧 > 神話編

50の物語集 神話編

第九話 神話・伝説のこぼれ話|高千穂町

(ちから)(かみ)さまタヂカラオ

アマテラスが隠(かく)れた天の岩屋の戸をぐいと開け、中からアマテラスを力づくで引っ張り出した力の強い神さまがタヂカラオです。

毎年九月の天岩戸神社の秋の大祭では、タヂカラオの像の前でたたみ一枚を投げる岩戸投げ大会が行われますが、一説ではタヂカラオが「エイッ」と持ち上げ、放り投げた岩戸は、長野県の戸隠(とがくし)地方に落ちたといわれています。

ところで、天岩戸神社の西本宮のご神体は何と“天の岩屋(あまのいわや)”です。西本宮の本殿裏手の岩戸川の対岸の茂みの中、ガケのくぼんだあたりに“天の岩屋”があるとか。はっきりと見ることはできませんが、永い時間を経た今も、茂みの中でひっそりと神さまが私たちを見つめているのかも知れません。

<<第八話  ・  第十話>>

宮崎県
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号  TEL(0985)26-7530

本ホームページの著作権は、原則として宮崎県に帰属します。

Copyright © Miyazaki Prefecture. All Rights Reserved.