ホーム > 50の物語集 > 50の物語集一覧 > 神話編

50の物語集 神話編

第一話 イザナキとイザナミの国産み|高千穂町

オノコロ(しま)誕生(たんじょう)

その昔、この世がはじまる前は何もなく、ただ、うずまきのように、どろどろ…こんこんとしていました。

やがて、そこは“天”と“地”に分かれました。

そして、“天”に浮かぶ“高天原(たかまがはら)”に、アメノミナカヌシという神さまが最初に姿を現しました。

それから、タカミムスヒ、カムムスヒなど何人かの神さまが現れ、最後に、男の神さまのイザナキと、女の神さまのイザナミが現れました。

さて、これらの神さまが生まれる頃、“地”は、まだ、柔らかく、どろどろ、ゆらゆらと漂(ただよ)っていました。

ある日、高天原の神さまたちは、イザナキとイザナミに向かってこう命じました。

「“地”はまだ固まっていません。これからお前たち二人が力をあわせて、人が住めるような国をつくりなさい」

そう言うと、イザナキとイザナミに“天の沼矛(あめのぬぼこ)”という剣を与えました。

そこでイザナキとイザナミは、高天原と“地”との間に浮かぶ“天の浮橋(あめのうきはし)”に降り立つと、そこから天の沼矛を“地”に向けて差し降ろし、どろどろとした中に入れ、こおろこおろとかき混(ま)ぜました。

しばらくかき混ぜて、天の沼矛を引き上げると、剣の先から一滴・・・一滴としたたり落ちた海水と泥の混じった塩が積もり積もって固まって、一つの島が生まれました。

これが「オノコロ島」です。

この、オノコロ島を舞台(ぶたい)に、いよいよイザナキとイザナミの国づくりが始まりました。

※神さまメモ「高天原」(たかまがはら)
天に浮かぶ神々の住む世界です。地上と同じように山や川や木がある場所といわれています。

【オノコロ島】(高千穂町)
イザナキとイザナミが持つ「天の沼矛」の先からしたたり落ちたしずくが固まってできたと伝えられる島で、2神が結婚式をあげたところとも言われています。
毎年4月に行われる高千穂神社の春祭では、「浜くだり」のみこしが出され、オノコロ島のまわりを3回まわってみそぎをされます。

第二話>>

宮崎県
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号  TEL(0985)26-7530

本ホームページの著作権は、原則として宮崎県に帰属します。

Copyright © Miyazaki Prefecture. All Rights Reserved.