ホーム > 50の物語集 > 50の物語集一覧 > 伝説編

50の物語集 伝説編

神話・伝説のこぼれ話

第二十八話 こぼれ話 【高千穂町】

高千穂夜神楽(たかちほよかぐら)誕生(たんじょう)のルーツ

とんとん……しゃらしゃら…ぴーろぴー…。

神楽舞の笛や太鼓の音色(ねいろ)がきこえ始めると、高千穂の秋も終わりです。

高千穂夜神楽はいつ、どこで、どのようにしてつくられたのか確かなことは分かっていませんが、次の話が伝えられています。

ミケイリノミコトによって殺された鬼八の霊(れい)は早霜(しも)を降らせてはお百姓さんを困(こま)らせていました。そこで、人々は毎年鬼八の霊をしずめることにしました。

祭だんを作り、いけにえをささげ、七人の舞い手が笹(ささ)の葉を振りながら舞い、
「しのめやたんがん、サーリャ誘う…」
と、鬼八を眠らせる歌を四十九回歌うと、鬼八の霊は満足してしずまり、それから霜の害はなくなったそうです。

このときの舞が「笹ふり神楽」で、高千穂神楽の原型(げんけい)といわれています。今でも、高千穂神社では、毎年十二月に猪掛祭(ししかけまつり)が行われます。

いけにえとしてイノシシ一頭がささげられ、その前で「鬼八眠らせ歌」を歌いながら、笹を振って神楽の舞を奉納(ほうのう)します。

神々と人とが一体となる夜神楽のひととき。神さまと過ごし楽しむ私たちの心には、はるか昔の神さまたちの姿があざやかによみがえってきます。

【高千穂神社】(高千穂町)
ニニギノミコトほか日向三代の夫婦神と十社大明神(ミケイリノミコト)を祀り、高千穂八十八社の総社として古くから信仰をあつめています。境内にある神楽殿では有名な岩戸開きを主題にした夜神楽が毎日公開されています。
また、鎌倉時代に作られた鉄製の狛犬一対と、「五間社流造(ごげんしゃながれづくり)」の本殿は国の重要文化財に指定されています。

<<第二十七話  ・  第二十九話>>

宮崎県
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東二丁目10番1号  TEL(0985)26-7530

本ホームページの著作権は、原則として宮崎県に帰属します。

Copyright © Miyazaki Prefecture. All Rights Reserved.