ホーム > みやざき早わかり > 北部(高千穂など)

ここから本文です。

更新日:2011年12月1日

北部(高千穂など)

千年以上の時を越え、南国のダイナミックな自然の中に、今も息づく古代ロマンの香り。

自然が作り出す迫力満点の自然景観、
受け継がれてきた特有の文化と多彩な食の楽しみ。
神話と歴史をつなぐ大切な地。
日本最古のスピリチュアルスポットが、ここにあります。

中部 西部 南部

  • 見どころ
  • イベント
  • 食

高千穂の見どころ ちっぽけな悩みを吹き飛ばしてくれそうな壮大で迫力あふれる自然満喫エリアです。

Point1高千穂峡

高千穂峡は、阿蘇火山活動で噴出した溶岩流を五ヶ瀬川が浸食してできたもので、高さ80メートル~100メートルにも及ぶ柱状節理が、素晴らしい懸崖となった渓谷です。高千穂峡のシンボルは、日本の滝100選にも選ばれた「真名井の滝」。周囲500メートルの遊歩道では、春の新緑、秋の紅葉など、四季折々の美しい景観が楽しめます。

Point2国見ヶ丘

神武天皇の孫、建盤竜命(タテイワタツミノミコト)が九州(筑紫の国)統州の際に立ち寄りこの場所で四方を望んだという伝説の丘。標高513メートルの国見ヶ丘からは、東に高千穂盆地、西に阿蘇外輪山や五岳、北に尾根祖母山、南に椎葉の山々を一望できます。ここは雲海の名所としても有名で、秋から初冬にかけての快晴の朝に、高千穂盆地や山々の間に雲の群れが沈んでいく様子はとても幻想的です。

Point3高千穂神社天岩戸神社

高千穂神社は、平安時代以来1200年以上の歴史のある古社で、高千穂八十八社の総社として広く信仰を集めています。本殿と所蔵品は国の重要文化財に指定されており、境内には源頼朝の代参・畠山重忠手植えの樹齢800年の秩父杉や、2本の杉の幹が一つになった夫婦杉があります。天岩戸神社は、日本神話でも有名な天照大御神が籠もられた天岩戸を祀る神社で、高千穂神社とともにパワースポットとして注目を浴びています。

Point4馬ヶ背・クルスの海

馬ヶ背は、日向岬の先端に位置し、海岸沿いに続く柱状岩が馬の背のように見えることからこの名がついたとされています。岬の奥にある展望台からは、高さ70メートル、奥行き100メートルの柱状岩が切り立つ断崖絶壁や、その岩の形状が「叶(かなう)」という文字に見えることから、訪れると願いが叶うといわれている「クルスの海」を見渡すことができ、神秘的な雰囲気が漂っています。

Point5美々津(みみつ)

江戸時代末期から大正時代にかけて、京阪神との交易拠点として栄えた港町。国の重要伝統的建造物に指定された「美々津街並保存地区」は、今も京風の家々が建ち並び、情緒溢れる街並みになっています。また、日向神話の中で神武天皇は、この地から大和地方へ向けてお船出したと伝えられています。

 

高千穂のイベント 神秘のベールに包まれた夜神楽を筆頭に、歴史と文化に裏付けされた様々な行事が目白押し。

Point1高千穂神楽

古事記に登場する神話の舞台が点在する高千穂は、神楽の里として知られています。国の重要無形民俗文化財である夜神楽は、集落ごとに20を超える神楽が伝承されています。11月下旬から翌年2月上旬にかけて神楽宿と呼ばれる氏家の広間などで、33番の神楽が夜を徹して奉納されます。高千穂神社の神楽殿ではまた、代表的な神楽を解説付きで鑑賞できる観光神楽が年中無休で公開されており、一見の価値があります。

Point2日向ひょっとこ夏祭り

毎年8月第1週土曜日に開催される日向市を代表する祭りです。赤い着物に白い帯、白い褌を締め、手ぬぐいをかぶったキツネ、ひょっとこ、オカメが、笛、鐘、太鼓の軽快なリズムにのってコミカルに踊る姿は、どこかしらユーモラス。北は北海道から南は鹿児島まで2,000人近くが踊りに参加し、数万人の人出で賑わいます。

Point3のべおか天下一薪能

延岡城の跡に整備された城山公園で毎年10月に行われる薪能(舞台の周囲のかがり火の中で演じられる能)が「天下一薪能」。「天下一」の称号を与えられた能面作家の作品(国宝級の能面)を実際に使い、能楽界最高峰の演者たちが舞うことから、その名がつきました。当日は全国各地から2,000人を超す人々が訪れ、篝火に映し出された幽玄の世界を愉しみ、延岡の秋を代表する風物詩となっています。

Point4椎葉平家まつり

椎葉に伝わる平家の姫・鶴富姫と源氏の武将・那須大八郎の悲恋物語を現代に甦らせたお祭りで、毎年11月、紅葉の美しい時期に行われます。祭りのハイライトは、当時の様子を再現した華麗な時代絵巻「大和絵巻武者行列」。十二単をまとう平家方の鶴富姫と源氏方の那須大八郎が、鎧姿の騎兵と一緒に練り歩く姿は迫力満点で、毎年多くの観光客でにぎわいます。

Point5スキー(五ヶ瀬ハイランドスキー場)

五ヶ瀬町にある「五ヶ瀬ハイランドスキー場」は、阿蘇連山など、九州中央山地の大パノラマを楽しむことができる日本最南端の天然雪スキー場です。向坂山の標高1,600メートルを超える北斜面に位置するため、毎年12月上旬には滑走が可能です。レベルに合わせた複数のコースやスノーボードのコースが整っており、ファミリーから上級者までみんなが楽しめるスキー場です。

 

高千穂の食 四季折々の食の魅力があふれる地。素材の旨味を存分に堪能して。

Point1チキン南蛮

からりと揚げた鶏肉を甘酢に漬け、タルタルソースで味付けしたチキン南蛮。ジュワッと広がる肉汁に、たれとソースの甘みと酸味がほどよく調和したおいしさは、多くの人々に親しまれています。チキン南蛮は、昭和30年代に延岡市のレストランで誕生したといわれており、延岡市は、平成21年7月8日(南蛮の日)に「チキン南蛮発祥のまち」を宣言しています。

Point2伊勢えび

9月1日に漁が解禁される伊勢えびは、豊かな黒潮の恵みをたっぷり受けた、宮崎の秋を代表する海の幸。県内では北から南まで全域の磯場で獲れますが、中でも日豊海岸の「東九州伊勢えび海道」や日南海岸の「伊勢えび大漁まつり」には、県内外から多くの観光客が訪れます。生きたままのぷりぷり新鮮な伊勢えびは、お造りが一番人気。頭と殻を使う味噌汁も、濃厚な伊勢えびのミソが溶け出して絶品の味わいです。

Point3

延岡市を流れる五ヶ瀬川や北川は、澄んだ水が流れる清流として知られ、鮎の宝庫としても有名です。これらの川で行われる「鮎やな」漁は、延岡市の秋の風物詩。涼しげな川面を眺めながら味わう伝統的な「鮎の姿寿司」や、七輪に笹を敷きつめて焼き上げる「鮎の笹焼き」のおいしさは格別で、観光客のみならず地元の人たちにも人気の高い名物料理です。

Point4ひでじビール

宮崎県産地ビール「ひでじビール」は、完全自家培養酵母の生ビール。麦芽100%、無添加、天然ミネラルウォーターを使用した、熱処理をしていない豊かな味わいのライブビールとして人気が高く、全国地ビールコンテストで金賞を受賞したこともあります。行縢山麓の醸造所では、この地ビールの製造工程見学ととともに、素晴らしい自然の景観を楽しむことができます。

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER