seibu_t.jpg

ここから本文です。

西部(えびの高原など)

宮崎県と鹿児島県の県境に広がる景勝地。霧島連山に囲まれ、四季折々に美しい姿を見せる えびの高原。美しい花々や壮大な滝、自慢の温泉や美食に、心もからだも癒されます。

見どころ

大らかな霧島の懐に抱かれて、いにしえの人々へと想いを馳せる。

えびの高原

霧島観光の中心地、標高約1,200メートルの「えびの高原」は九州で一番高い標高の温泉郷。登山、キャンプ、トレッキング、スケートなどが楽しめる自然豊かなエリアです。

韓国岳新燃岳高千穂峰

霧島連山の最高峰「韓国岳」、天孫降臨の伝説を持つ「高千穂峡」、最も新しい火山「新燃岳」。大小23の火山群が連なる霧島連山では、個性的な山々の表情が楽しめます。

陰陽石

約180万年前に霧島火山帯の溶岩が堆積し、川の浸食で形成された2つの奇岩。「夫婦岩」とも呼ばれ、近くには縁結び、子宝の神として信仰を集める陰陽石神社があります。

関之尾の滝

大淀川支流の庄内川にある幅40メートル、高さ18メートルの大きな滝。大滝、男滝、女滝があり、日本の滝100選に選ばれています。夏の夜には滝のライトアップも行われます。

都城島津邸

日本有数の名家で、薩摩藩主としても名高い島津家。明治12年に島津久寛によって建てられ、国の登録有形文化財にもなっている邸宅と施設、貴重な史料などを見ることができます。

 

祭り・イベント

三大祭りのひとつ「弥五郎どん祭り」は必見。賑やかな市や個性的な神楽も、ここだけのもの。

京町二日市

約90年の伝統を持つ南九州最大の市。京町温泉駅前の沿道を中心に、植木や骨董、地場の特産品など約450店の様々な露天が並び、約25万人の人出でにぎわいます。

生駒高原の花

霧島連山の裾野に広がる「生駒高原」。春は35万本の菜の花や15万本のポピー、秋は100万本のコスモスが咲き揃い、九州山地、西諸盆地の景観とともに花々の美しさを堪能できます。

弥五郎どん祭り

毎年11月3日の深夜、九州南部の3カ所で巨大な人形「弥五郎どん」が起き上がる弥五郎どん祭り。宮崎県三大祭の一つとして知られ、千年を越える歴史をもつ郷土の祭りです。

高原神楽

高原町の2つの地区に伝承される神楽で毎年12月に開催されます。「十二人剱」や「踏剱」など、真剣や長刀を使う舞は、この神楽だけの貴重な舞いとして大切に伝承されています。

おすすめグルメ

霧島の雄大な自然に育まれた食の宝庫。焼酎片手に、おいしいお肉をじっくり味わって。

都城焼き肉三昧炭火定食

鶏肉・豚肉・牛肉の産出額が日本一を誇る都城市のご当地グルメ。鶏肉は竹皮包み焼き、豚肉は串焼き、牛肉は網焼きと、それぞれのお肉の旨さを活かした焼き方で提供しています。

がね

「がね」とは、細く切った唐芋(さつまいも)、ごぼう、にんじん、タマネギなどを入れたかき揚げの天ぷらで、都城地方に古くから伝わる伝統的な郷土料理です。

宮崎牛

恵まれた自然の中で丁寧に育てられる宮崎牛。5年に一度開催される「和牛のオリンピック」で日本一に輝いた品質と旨さ、柔らかくとろけるようなおいしさを、ぜひ味わってください。

焼酎

豊饒な大地で育った原料と、霧島山麓に代表される豊かでおいしい水が育む焼酎。芋、米、麦、蕎麦など様々な焼酎が作られており、全国的に有名な銘柄が数多くあります。

西部エリアのモデルコース

Share this

更新日:2011年12月1日

ホーム > おすすめみやざき > エリアガイド > 西部(えびの高原など)

ページの先頭へ戻る