満腹美味なみやざきへの味なお誘い~満腹美味なみやざきへの味なお誘い~

 

素材の宝庫

南北に長い宮崎県は食材の宝庫。全国和牛能力共進会で連続日本一を獲得した宮崎牛はもちろん、豚や鶏のブランド肉は高い評価を得ています。野菜は各地で生産され、豊富な太陽の光を浴びて育ったピーマンやキュウリ、トマトなど、安全で新鮮、美味しい野菜が手軽に手に入ります。果樹栽培も盛んで、マンゴーはもちろん完熟キンカンや日向夏など、その美味しさは全国から注目の的です。海の幸では、近海カツオ一本釣り漁の水揚げ高が日本一。夏の高級食材のハモや、秋に漁解禁になる伊勢エビも見逃せません。

 

多彩で味わい
豊かな焼酎

宮崎県内には30を超える焼酎醸造場があり全国一位の出荷量を誇っています。本県の焼酎は、芋(カンショ)、米、麦のほか、ソバ、クリ、アワ、山芋など、その土地で収穫される作物で焼酎を作ってきたという歴史があり、原料による味の違いが楽しめる『焼酎の楽園』です。日本酒や、ワイン、地ビールの醸造場もあり、各地の焼酎やワインの飲み比べをするのもおすすめです。

 
 

地元が愛する
味な麺

宮崎県民はうどん好き、ラーメン好き県民でもあります。朝食がわりにうどんを食べる朝うどんや、飲んだ後に食べるしめの釜揚げうどんは、宮崎市を中心として見られる風景。柔らかめの麺が特徴です。ラーメンは、あっさりした豚骨しょう油味ですが、最近ではニンニクと唐辛子を効かせたスープの辛麵や、トマトのスープが女性に人気のトマトラーメンなど独自の進化を遂げたラーメンも人気です。

 

昔ながらの
ソウルフード

地鶏の炭火焼やチキン南蛮とともに、宮崎の代表的な郷土料理として観光客にも少しずつ知られてきたのが冷や汁です。焼いたアジやイワシなどの身をほぐし、すりゴマ、みそを加えみそ玉を作ります。それを氷水でのばし、豆腐、薄切りのキュウリに青ジソやミョウガの薬味を入れ、熱々のご飯にかけて食べるという夏の名物料理。家庭ごとに違うレシピがあるといわれる母の味でもあります。

 
Topへもどる