ここから本文です。

「演劇・時空の旅」シリーズ#8『三文オペラ』

世界各国の古典戯曲を上演してきた、「演劇・時空の旅」シリーズ最終章です。

〇開 催 日  平成30年6月22日(金曜日)から6月24日(日曜日)

 

〇開催時間  6月22日(金曜日)開演19:00

             23日(土曜日)開演13:00/開演18:00

                               24日(日曜日)開演14:00          

                              ※各日、開場は開演の30分前

                              ☆24日は、終演後にアフタートークあり

 

〇開催場所   メディキット県民文化センター 演劇ホール舞台上舞台(宮崎市船塚3丁目210番地)

 

〇チケット料金

        一   般  3,000円  くれっしぇんど倶楽部会員 2,700円
        U25割 1,500円  ※鑑賞時25歳以下
        ペア割 5,000円 ※一般2枚。前売りのみ
  ※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。

  ※車椅子・介助席は、メディキット県民文化センターチケットセンターのみの取り扱いとなります。
  ※当日券が出る場合は500円増しとなります(ただし、U25割を除く)。
    発売は、当日の午前10時から窓口・電話で行います。
  ※U25割は、年齢の確認ができる身分証の提示をお願いする場合がございます。

 

〇特徴・見所・おすすめ

    世界各国の古典戯曲を上演してきた、「演劇・時空の旅」シリーズの最終章。

  今回は、九州各地で活躍する俳優らが宮崎に約1か月滞在し、ブレヒトの傑作音楽劇『三文オペラ』を上演します。         芝居と音楽が融合したエネルギー満ち溢れるステージをお楽しみください。

 

【あらすじ】

  窃盗団のボス・メッキースは名うての悪党で女たらし。そんなメッキースが突然、乞食商売の元締めピーチャムの一人娘ポリーと、コッソリ結婚式を挙げてしまう。腹を立てたピーチャムは、警察を使いメッキースを捕える計画を立てる。危険を察知して身を隠したメッキースだが、かつての恋人で娼婦のジェニーに裏切られ、あえなく逮捕されてしまうのだった。恋人にも子分にも親友にも見捨てられたメッキース。迫り来る処刑の時。絶体絶命のメッキースを待ち受ける、驚くべき「運命」とは?

 

〇主要交通機関   宮崎駅からタクシーで約10分、宮崎神宮駅からタクシーで約5分・徒歩約20分

    ※劇場の駐車場はありません。

 

〇お問い合わせ先  公益財団法人宮崎県立芸術劇場

              電 話:0985-28-3208   FAX:0985-20-6670

              URL:http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=823

       

               

(宮崎市船塚3丁目210番地)

ホーム > 新着耳より情報一覧 > 「演劇・時空の旅」シリーズ#8『三文オペラ』

PC版ページを見る