ホーム > 遊び・体験 > 諸塚村でそばの種蒔き体験

更新日:2011年12月1日

ここから本文です。

諸塚村でそばの種蒔き体験

うまい、オモシロイ! 諸塚!

近代的な観光資源がない村に、どうしたら人が呼べるのか。九州山地の山間部にある諸塚村が約20年前から取り組んだ交流事業は、あるがままの自然、受け継がれた村の文化をそのままに体験してもらうエコツーリズムだった。都市部に生活する人たち癒す諸塚型エコツアーとは?

まちむら応援倶楽部 エコツアー(諸塚村)

「こんにちは~。お世話になります」
口々にあいさつを交わしながら家の中へ。外の明るさに慣れた目が、しばし時間をかけて見たものは、広い土間、かまど、天井の大きな梁。薪の燃える匂いが漂ってくる。

「古い家でしょう。130年ぐらい前の家ですよ」と教えてもらったのは甲斐光さん。諸塚村が交流事業を始めるにあたって、最初に作った古民家を利用した宿泊体験施設「やましぎの杜」の管理者であり、エコツアーの指南役でもある。

まちむら応縁倶楽部エコツアーは、週末を利用した1泊2日。この日の参加者は10名ほど。30歳代から70歳代までいて、初めての人も常連さんも、すぐに打ち解けた笑顔になる。

森の古民家「やましぎの杜」の絵

個人で利用できる宿泊所でもあり、年間500人ほどが利用する

甲斐光さんの写真

エコツアーの指南役でもある甲斐光さん

荷物を開け放った縁側に置いたまま、早速畑へ。今回最初のカリキュラムは、そばの種まき。

まずは手順を教わる。

「蒔き方は、最初は広くまんべんなく蒔く『蒔き落とし』。端の方はピンポイントで蒔く『地獄蒔き』。蒔き終わったら、鍬で薄く土をかけていきます」

蒔いてみる。そして、地面をよく見てみる。うわ~、まばら・・・。

「歩幅を一定にしておんなじ間隔で、おんなじ量を蒔いてくださいよ~。まばらだと、そこだけそばが太って、茎が倒れて収穫が減るんですよ」

甲斐さんが声をかけるけれど、そりゃムリだ。だいたい同じ間隔で歩けない。

しかし、足の裏に伝わる土の感覚が、上手じゃなくてもいいよね、という気分にさせてくれる。

そんなこんなで、あとで聞いたら、ずいぶん余分に種を蒔いたらしい。甲斐さんゴメン。収穫の時はまた来ますから。・・・こうやって常連ができるに違いない・・・。

幕く種の写真

蒔くのは在来種のそば

そばの種まきの写真

「仕事はみんなでやれ、うめもんなひとりで食え(おいしいものはひとりで食べろ)って、昔ばあさんがそんげ言いよったがな」
「ははは、そりゃいいなぁ」

そば蒔きのあとは大鍋で芋飴づくり。

甘藷を茹でて、裏ごしして、麦芽を混ぜてひたすら煮詰める。できあがるまでは一昼夜。ポンと口に放り込む飴がこんなに大変な工程を経ているのか・・・食べ物のありがたさを痛感する。

飴作りの大鍋をかきまわすかたわらで、夕食の準備が始まった。

野菜は役場近くの農産物販売所で調達したもの、甲斐さんの畑で採れたもの。

なんとなく分担が決まって、次々に料理ができあがる。囲炉裏で話に花が咲くグループも、見ると炭火でナスを焼いていた。

「山に来ると空気が違います」
「心の底から人とふれあえる場所ですよ」
「かまどで作った料理のおいしいこと」

参加者の声はさまざまだが、どの笑顔も満足そう。

「私たちは外に出たことがないから諸塚のよさを知らずにいました。何百年も続いた家を捨てて山を下りる人がいるのに、そんなところに人が来るのか。そう思っていました。けれど、今はやってよかったと思います。『諸塚がいい』と喜んでくれる人たちがいる。そんな人が新しい情報を運んでくれる。本当に楽しい」

甲斐さんの言葉に、山の暮らしの厳しさと豊かさが伝わってきた。諸塚で過ごす2日間、きっといろんなことを感じられるはず。

ゆでた芋をつぶして煮汁を絞っている写真

絞った汁に麦芽を加えてひらすら煮減らすと飴になる

絞った汁に麦芽を加え煮減らしている写真

ゆでた芋をつぶして煮汁をしぼる

地焼酎を酌み交わす晩御飯の写真

地焼酎を酌み交わす晩ご飯

諸塚村まちむら応縁倶楽部 エコツアー

観光情報検索

検索条件を入力してください

つぶやきひろば

投稿する

フォローする

一覧を見る

このコンテンツをご覧いただけない方は、ボタンのリンク先からAdobe FlashPlayerをダウンロードしてください。
Get ADOBE FLASH PLAYER